「ここに行きたい!」と思わせる良い企業の条件

「ここに行きたい!」と思わせる良い企業の条件

求職者に「御社に行きたい」と言ってもらえるのは嬉しいものです。
そう思う求職者が多いほど、採用市場で有利に採用活動を進めることができ、
優秀な人材を獲得しやすくなります。
では「ここに行きたい!」と思われるような良い企業の条件とは何でしょうか。
この記事ではより良い企業の条件とそのための方法について紹介します。

求職者から見て魅力的な企業とは

近年、「良い企業」の定義が変わりつつあります。
これまでの「良い企業」の定義は、大企業や有名企業であること、
また金融や銀行といった安定したイメージのある業種が一般的でした。

しかし、基幹産業の大きな変化に伴い、大企業や有名企業であるということだけでは、
「良い企業」と呼ばれないようになってしまいました。
逆にいうと、大企業や有名企業に当てはまらなくてもチャンスはあるということなのです。
この章では、魅力的と言われる企業の具体例を紹介していきます。

事業内容が魅力的

業界の常識を変えるような革新的なサービスを提供していたり、
アナログをシステムで置き換え、業務効率を促すようなツールであったりなど、事業内容の魅力が強く収益性が高いと、企業イメージがアップしやすくなります。
特に、就活中の求職者にとって、わかりやすいアピールポイントがある企業だと
イメージがつきやすく、効果的です。

しかし、事業内容は必ずしも革新的である必要はありません。
老舗企業や創業から長く経っていたとしても、経営が続いてきた秘訣などがあるはずです。
それらを丁寧に求職者に伝えることができれば、魅力的と感じてもらえる可能性は大いにあります。

残業時間が少なく、有給消化率が高い

いわゆるホワイト企業と呼ばれる企業は、これらの特徴に当てはまりやすいです。
ワークライフバランスを整えやすく、周りを気にせず休みを取ることができる環境は、
今の若手求職者に刺さりやすい傾向にあります。
また、飲み会やイベントも少ない方が、自分の時間を確保できるイメージがあり好印象でしょう。

フレックス制度など働き方改革を進めている

フレックス制度、リモート制度など、
最近の新しい働き方として注目されているものを導入していると好印象です。
時間や働く場所に対する意識が、世の中で高まっているため、
制度として魅力的に写ることが多いようです。

一方、制度はあるものの形骸化していないかということも、
求職者はチェックすることが増えてきました。
名ばかりの制度ではないことをアピールすることが重要です。

優秀な社員が多い

一緒に働くメンバーが優秀だなと思えると、より魅力的な企業に見えるものです。
優秀さの定義は企業によって異なるため、採用HPなどで社員インタビューが掲載されていると
働くイメージも持ちやすいでしょう。

口コミサイトでの評判が良い

転職サイトには、在籍社員や退職社員の口コミを見ることができるものも存在します。
特徴や総合点などが書かれており、
口コミの内容も社員が書いているだけあって非常にリアルな内容です。
ここでの評判が全般的に高く、退職理由は「他にやりたいことが見つかった」
などの記載だと求職者は安心できるでしょう。

魅力的な企業だと思ってもらうためには

「ここに行きたい」と、思われる条件についてはご紹介した通りです。
では具体的に、どのような対策を行えばいいのでしょうか。
この章では具体的な内容について紹介します。

採用HPなどを充実させる

求職者が必ず目にするページは、
内容やコンテンツを充実させ、良いイメージを持ってもらうように印象づけましょう。
具体的には、採用HPには年代別・職種別の社員インタビューを掲載したり、
求人媒体の求人票は手抜きせず、企業の情報を厚みをもって掲載する、などがあります。
社員が登場する採用ムービーを作成する企業もあります。

ただ単に、露出回数を増やすのではなく、コンテンツの充実化を図っていくことが重要です。
最近では、SNSを活用して積極的に自社の魅力をPRすることで母集団形成に成功した事例もあるので、採用PRを今一度確認しましょう。

事業のアピールポイントを再確認する

事業内容でのアピールポイントがなかなか見つからない場合は、
まずは現場のスタッフにヒアリングしてみます。
長く働いている人なら、働き続けられる理由に自社の魅力があるはずです。
直近の転職者であれば、どこに魅力を感じて入社したのかをヒアリングするのもいいでしょう。

それでも、事業内容でのアピールポイントがなかなか見つからない場合は、
PRコンサルタントや採用コンサルタントなどに依頼し、
応募を獲得しやすくなるようなポイントを整理してもらう方法もあります。
ワードの選択や表現で、企業イメージが大きく変わることもしばしばあります。

今、働いている従業員の満足度を上げる

前章で記述したような社内制度に多く関わる部分は、社内での活用が前提にあるものです。
採用活動のみで使ってしまうと、入社後にギャップを感じて早期退職に繋がってしまいかねません。

採用目的ありきではなく、今、働いている従業員がより働きがいや働きやすさを感じられるような
社内制度を設計していくことが重要で本質的な対応です。
社内で活用されて初めて、採用アピールに活きるようになります。

まとめ

「この会社に行きたい!」と思われる条件を紹介しました。
SNSや採用媒体を用いたPRでの魅力づけ強めることもできますし、
長期的な目線で、従業員の満足度を高めることで採用活動に活かすこともできます。
自社の状況に合わせて、最善の対策を考えてみてください。

応募を集めて、選考・面接を行うカテゴリの最新記事