求人広告は見栄えも大事!いい写真の選び方

求人広告は見栄えも大事!いい写真の選び方

求人広告は文章だけでなく、掲載する写真を選定し、見栄えの良い求人広告にすることも重要です。
写真を掲載すれば何でもいい、という訳ではありません。
では、どんな写真が求人広告には適しているのでしょうか。
この記事では、求人広告に置ける写真の撮り方のコツ、選び方のコツを紹介していきます。

写真は求人の重要な一部

せっかくいい求人広告の文章を書いても、写真がなかったり、暗い写真などを掲載すると閲覧数が一気に下がってしまいます。
写真は会社の雰囲気やイメージを切り抜いたものです。文章同様、写りやイメージなどを採用ターゲットに合わせて選定していくことが必要です。

また、写真が伝える情報量は意外と多い上に、
近年のSNSの影響でイメージを重視する傾向が強くなっています。
「写真を載せてさえすればいい、ではなく、手を抜かずに選定したり撮影したりすることが重要です。

写真を掲載することによる効果は?

掲載する・しないでは、求人閲覧数・応募数に歴然の差が出ます。
写真を掲載していなかった求人に写真を追加したところ、閲覧数が1.5倍以上、応募数は2倍に増えたというケースもあるほどです。

なぜこんなにも差が出るのでしょうか。
たくさんの求人が並ぶサイト内だと、写真が入っていない求人は、
手を抜いているように見えてしまいます。
また、写真が伝えるイメージはとても大きく、写真が綺麗なだけで読んでもらえる確率が上がります。

写真×キャッチコピーで、企業のイメージや雰囲気の半分は伝わると言っても過言ではありません。

いい求人写真とは

では、いい求人の写真とはどのような写真なのでしょうか。
この章で具体的な例と、いい求人写真の撮り方のコツを紹介していきます。

採用ターゲットと掲載写真の整合性がある

求人広告を執筆する時と同様、写真選定の際も採用ターゲットを意識することが重要です。
執筆の際、「この採用ターゲットに伝えたいことは何か」を考えるように
「採用ターゲットに伝えたいイメージ」も考えながら写真を選びましょう。

採用ターゲットと掲載写真の整合性が取れていない状態とは、
例えば「女性からの応募を募りたい」という求人広告なのに、男性ばかりが集まっている写真を掲載してしまう、などがあります。

このような場合は女性からの応募は期待しにくく、採用ターゲットにマッチした写真を掲載できているとは言えません。
求人ターゲットに合わせて、写真の雰囲気や写る社員を選ぶことが重要です。

働く社員の顔が写っている

顔や表情がきちんと写真に写っていることが大切です。
せっかく社員が写っていても、後ろ向きでPCに向かっている写真だったり、
うつむいて暗い表情だと冷たい印象を与えてしまいます。
カメラ目線である必要はありませんが、
笑顔だったり柔らかい表情であると印象がとても良くなります。

近年では、「どんな仕事か」と同じくらい「誰と働くか」を重視する求職者が増えています。
一緒に働くことになるかもしれない人の写真があることで、働くイメージが湧きやすくなる効果があるのです。

求人は複数枚の写真を掲載できることが多いですが、必ず7割は人物の写った写真であるのが好ましいでしょう。特に、トップ写真は人が入っていると目を惹きやすくなります。

オフィスや実際に働く就業風景など、会社の雰囲気が伝わる

人が写っている写真も重要ですが、オフィス風景や会議室スペースなどの写真を掲載することも必要です。

他にも、ディスカッションをしている様子やデスクで作業している様子など、
仕事をしている様子の写真があるとなお良いでしょう。
そのような写真があることで、求職者が実際にそこで働くイメージがより湧きやすくなります。

しかし、雰囲気を伝えようとするあまりに飲み会や社員旅行の写真を載せるのは注意が必要です。
社内の付き合いが多く、プライベートの時間を取りにくいのかも、
と敬遠されてしまう可能性もあるためです。
採用ターゲットによっては掲載をやめた方が良いため、
そのような写真を掲載する際は考慮するのが良いでしょう。

写真が明るく、温かみがある

光が入っていたり、フィルター効果で温かみのある風合いをだすのも撮り方のコツの一つです。
もちろん加工せずともいい写真はありますが、暗かったり寒々しい印象の写真だとそれが会社のイメージに直結してしまいます。

最近ではインスタグラムなど、フィルター加工した上で写真を投稿するのが一般的なため加工を見慣れている人が多くいます。
それだけでいい写真風に見えるので、
社内で写真や加工が得意な人にお願いをするのも方法の一つです。

フリー素材ではなく、オリジナルの写真を

ここまでの条件だと、ネット上で良い素材を見つけた方がいい、と思われた方もいるかもしれません。
しかし、重要なのは「会社の雰囲気が伝わる」ということです。
社員の協力を得ながら、必ずオリジナルの写真を用意しましょう。

まとめ

求人写真の掲載や撮影のコツを紹介しました。
求人広告において会社の顔となってくれるのが、掲載する写真です。
綺麗な写真を載せるだけで、閲覧数や応募数を増やせるのですから、やらない手はありません。
写真を入れ替えて効果検証をしていきながら、企業イメージに合った写真を掲載してみてください。

求人広告を作成するカテゴリの最新記事