見られる求人広告を作成するためのコツを暴露!

見られる求人広告を作成するためのコツを暴露!

求人広告の作成において何が大切なのかご存知でしょうか。
ほとんどの人は求人広告を作成していく段階で、誤った方法で作成していることがほとんどです。
せっかくの求人広告も、見られる内容にしておかないと意味がありません。

ここでは分かりやすい求人広告を作成するためのコツをご紹介していきます。

ほとんどの人は注目されない求人広告を作成している?

求人広告を作成していくにあたって、以下の項目に当てはまる人はいませんか。

  • 色々言いたいことを詰め込みすぎている
  • 自社の強みばかりを言って求職者のことを考えていない
  • 応募してほしいターゲットが明確になっていない
  • 具体性が足りない
  • キャッチコピーと自社の事業内容が合っていない

これでは求職者が応募したくても、応募する前に求人広告を見るのすら諦めてしまいます。

何より大切なのは「分かりやすく、求職者に寄り添った求人広告を作成」することが大切です。
自社のことばかりを考えるのではなく、これから一緒に働くことになるかもしれない求職者にことを考えて求人広告を作成していきましょう。

見られる求人広告を作成する際のコツ

では注目されやすい求人広告を作成するにはどのようにしていけばいいのでしょうか。
ここでは注目されやすい求人広告を作成するためのコツを説明していきます。

ターゲットを明確化する

まずは欲しい人材を自社で明確化しておくことが大切です。
明確にしておくことで記載内容も変わり、採用したい人物像にダイレクトに応募してもらうきっかけを増やす効果があります。

自分たちがどんな人にどんな仕事をしてほしいのか、どんな人と一緒に働きたいのかを明確化していきましょう。

自社の訴求内容を1つに絞り込む

最も求職者に届きやすい内容を見つけることで、印象付けをすることが大切になってきます。
求職者が一番欲しい情報を明記しておくことで、自社の魅力を伝えることが可能です。

逆に多く訴求内容を明記してしまうと、軸がぶれてしまい応募する人数が減ってしまう恐れがあります。あくまで1つに絞り込むことが重要になってきます。

動画を使って職場をアピールする

Web求人広告限定にはなりますが、動画を使って職場の雰囲気を伝える手段もあります。
動画の方が、実際に働いている雰囲気を直接的に感じることができるのでおススメです。

写真選びに手を抜かない

写真を広告には載せていくのだが、見ていてつまらない写真を載せていても意味がありません。
写真を見ていて「面白い」「一緒に働きたい」と思わせる写真を選ぶことが大切です。

普段の働いている姿を見せるのももちろんですが、普段のプライベートの時間を満喫している写真や社内のイベント内容の写真を選ぶと良いでしょう。
仕事以外も楽しんでいるという部分を強調することで充実した毎日を過ごしているというアピールにもなります。

求人サイトの特徴を知る

求人サイトによって特徴は大きく異なってきます。求人サイトを見ている人が自社に向いているかどうかも重要になってきます。
ただサイトによって求人広告の載せ方が全く違うので、自社が一番アピールをすることができるサイトを選ぶことが一番です。

求人を出すことのメリットとデメリットを明確化しておく

求人を出すことで起こるメリットデメリットを理解し、求人広告にかけるお金や時間を理解する必要があります。
例えば求人を出すことのメリットは新しい人材が入り、自社の繁栄が見込めるというメリットがあります。

逆にデメリットは求人サイトに載せる際の広告費を払わなくてはいけないので、出費がかかってしまうというデメリットもあります。
自社にとって何がメリットでデメリットなのかをしっかり理解しておきましょう。

求人広告を作成していく際の注意点

求人広告を作成するためのコツが分かってきたところで、いくつか作成にあたって注意点があります。求人広告を作成していく際の注意点を順番に説明していきます。

具体的に書く

求人広告を作成していくにあたって具体性がないと、相手にまったく伝わらないということが多いです。まずは具体性をもって、
自社のことを分かりやすく知ってもらうことに努めることが大切になります。

入社後に広告との相違点がないようにする

求人広告に書いていることと、実際に入社した後のギャップが起きないようにする必要があります。
まったく違う仕事内容や雰囲気を感じさせてしまうと、応募者は違和感を感じすぐに辞めてしまうというリスクが生じてしまいます。

偽りなくありのままを記載することで、入った後のギャップを感じさせないことが大切です。

社内で求人を行うことを共有しておく

求人広告を出すことを知らない人が社内にいた場合、後ほど採用にいたった人材を入れる時にトラブルのもとになりかねません。
社内で「報告・連絡・相談」をしっかりとしておき、部署ごとにどれぐらいの人材が足りないかの情報を共有しておく必要があります。

共有しておくことで部署ごとに対応が遅れることもなくなり、スムーズに求人広告を作成することが可能になっていきます。

まとめ

求人広告を作成していくためのコツをいくつかご紹介しましたが、あくまで求職者のことを考えて作成していれば問題ありません。
何より重要なのは「どれだけ応募してくれる人のことを考えられるか」が重要になってきます。

自社のことばかりをアピールするのではなく、これから一緒に働くかもしれない求職者のことをどれだけ思いやることができるかが、採用を成功させるための鍵となってくるでしょう。

求人広告を作成するカテゴリの最新記事