求人票は自社の顔。作成のポイント3つをご紹介!

求人票は自社の顔。作成のポイント3つをご紹介!

事務的になりがちな求人票の作成。片手間にしている人はいませんか?

求人票は、求職者が初めてあなたの会社を知る窓口。よりよい人材・社風にあった人材を獲得するためにも、求人票には力を入れる必要があります。

今回は、求人票作成の際に大事な3つのポイントや具体的な書き方の方法をご紹介します。
この記事を読んで、求職者が応募したくなる求人票を作成してみませんか?

求人票作成のための3つのポイント

まずは、求人票を作成する際の3つのポイントを見ていきましょう。

  1. 求職者に応募してもらうために情報をきちんと載せる
  2. 求人票のタイプに合わせて内容を変える
  3. 欲しい人材に合わせた情報を載せる

この3つのポイントを押さえれば、求人票の作成はそんなに難しくありません!

1. 求職者に応募してもらうために情報をきちんと載せる

そもそも求人票を作成する理由は「求人募集に興味を持ってもらい、応募してもらうため」です。
そのためには、まず目に留まることが大切。

フォーマットについては後ほど紹介しますが、
一番大切なのは求人票に載せる内容です。例えば以下の例を見てみましょう。

(例)仕事内容:事務

この内容で、入社後に自分のやる仕事が正確に想像できる人はいませんよね。
情報が足りない求人は、求職者から敬遠されてしまいます。
きちんと情報を掲載することで、初めて関心を持ってもらえるのです。

この場合、例えば経理で働く事務であれば、

「仕事内容:経理事務(納品書作成、請求書チェック、売上管理)」

といったように、具体的に仕事内容を記載することがポイントです。

2. 求人票のタイプに合わせて内容を変える

「求人票」には、大きく分けると2つのタイプがあります。

  • フォーマットが決まっていて、情報を入れていくタイプ
  • フォーマットは自由で、そのまま掲載されるタイプ

それぞれ書き方にポイントがあるので、作成する求人票のタイプをきちんと見極めましょう。

フォーマットが決まっていて、情報を入れていくタイプ

1つが「フォーマットが決まっていて、情報を入れていくタイプ」の求人票。

公共機関や求人サイトを利用して求人を掲載する場合に使用する求人票は
このタイプが一般的です。

あらかじめフォーマットが決められている求人票の場合は、
情報を詳しく載せることで他社との差別化をはかりましょう。

情報の多さはそのまま自社の強みにもなります。

フォーマットは自由で、そのまま掲載されるタイプ

もう1つが「フォーマットは自由で、そのまま掲載されるタイプ」の求人票。

高校や専門学校、大学の就職課やキャリアセンターなどに提出する求人票は、このタイプが多いです。

この場合他の企業と並べられ、掲示板等に掲載されます。
他社同じようなレイアウトでは埋もれてしまい、学生の目に留まることは少ないでしょう。

そこで、レイアウトを変えたりフォントを変更し、掲示されたときに目立つようにしましょう。

ただし、たいていはモノクロ印刷されますので、色の変更は有効ではありません。

白黒印刷を前提とした、目立つ工夫が必要です。

3. 求める人材に合わせた情報を載せる

求人票で一番大切なのが、きちんと情報を載せることです。
求める人材のイメージがあれば、なおさら条件を掲載しておきましょう。

例えば、すべての条件を「不問」にするとたくさん応募がくるでしょう。
しかし、応募者すべてが求める人材とは限らなくなります。
また、応募者が増えすぎたことで選考に時間がかかり、良い人材が辞退してしまうこともあるでしょう。

求める人材のスキルや性格などを具体的に載せておくと、応募者を絞ることが可能です。
どんな人材が欲しいのか、あらかじめ考えておきましょう。

ただし、「女性のみ」「未婚男性」といったパーソナルな条件は記載できないので注意が必要です。
あくまでも、希望の資格やスキルを記載するようにしてください。 

求人票に必ず載せるべき内容と書き方

求人票には2つのパターンがあり、それぞれ書き方にポイントがあることもお話ししましたが、もちろんどちらにも共通して書くべき内容もあります。
それが次の5つです。

  • 会社名は正式名称を書く
  • 事業内容はわかりやすく
  • 仕事の内容は働く姿を想像できるくらい具体的に
  • 労働条件は正確に記載する
  • 自社のアピールポイントで求職者の心をつかむ

嘘を書くのはNGですが、求職者に「いい求人だ」と思ってもらえるよう、
書き方を工夫するのはOKです。
それでは、それぞれの内容を見ていきます。 

会社名は正式名称を書く

求人情報に記載する項目の中で一番大切なのは、自社の名前です。
通称ではなく、正式名称の記載が必須。
つい忘れてしまいがちですが、(株)も「株式会社」と正式に書きましょう。
求職者は、会社名で具体的な事業内容や評判を検索する場合が多いですが、
通称や略称だと正しい情報を手に入れられない場合があります。
最悪、内定辞退や早期離職に繋がっていく可能性も考えられるので、注意が必要です。 

事業内容はわかりやすく

あなたが求職者の場合、この会社に応募しますか?

「事業内容:インターネット関連」

たったこれしか書いていなければ、
具体的にどのようなことをやっているのかわからず、不安になりますよね?
何をしているのかよくわからない会社への応募は、避けるのが普通です。
何度もいいますが、求人票作成の目的は「応募してもらうこと」です。
事業内容は分かりやすく、何をしているのか伝わるように書くことが大切です。 

仕事の内容は働く姿を想像できるくらい具体的に

具体的にどんな仕事を行うことになるのかも、きちんと伝えましょう。
ただ、人事担当者では具体的な作業内容がわからないこともあるでしょう。
その時は実際に働くことになる部署の人に、仕事内容欄を確認してもらいましょう。
正確な情報を記載することが第一です。

仕事内容の詳しい書き方は、
次の章「求人票作成に使える書き方フォーマット」で紹介します。
参考にしてみてくださいね。 

労働条件は正確に記載する

お給料の足金額はもちろん、年間休日数や休日出勤、残業の扱いなど、
入社後に「聞いていない」と早期退職になってはもったいないですよね。
「こんなこと」とあなどらず、細かいこともきちんと記載するようにしましょう。

自社のアピールポイントで求職者の心をつかむ

意外と手を抜きがちなのが、自社のアピールポイント欄です。
「社員仲良く和気あいあいとしています!」
「応募をお待ちしています!」
このように、短い1文で済ませていませんか?
どんなに労働条件がいい求人でも、活気がなさそうな会社は避けられてしまいます。
自社の強みや社風などを軸に、求職者が楽しく働く姿を想像できるような内容を記載しましょう。

求人票作成に使える書き方フォーマット

それでは次に、求人票を作る際に使える書き方のテンプレートを紹介しましょう。

回は特に悩みがちな、仕事内容欄と自社アピール欄の書き方例を載せます。
これを参考に、求人票の作成を進めてみてくださいね。

仕事内容欄は細かすぎるくらいでいい!

まずは仕事内容欄の書き方についてです。

そもそも、どんな仕事をするのか不安に思いながらも応募する求職者は少ないです。
仕事内容に不安を感じる求人には最初から応募しません。

求人票を作成する際には具体的な仕事内容がわかるよう、詳しすぎるくらいに書いておくのがおすすめです。

以下に、3つの職種について仕事内容欄の書き方例を載せていきます。

悪い例も合わせて掲載しますので、自社の求人票がNG例に当てはまっていないかチェックしてみてください。

事務職の場合

事務職といってもいろいろありますよね。
求職者が不安を感じないよう、具体的にわかりやすく書きましょう。

【記載例】

  • 悪い例:事務
  • 良い例:営業事務 外回りをしている営業のサポートをしていただきます。具体的には…

営業職の場合

営業職の場合も事務職と同じく種類がありますよね。
具体的に何をするのかわかるように記載してください。
また、営業職は最初は緊張するものですので、サポートがあることを伝えると応募者も安心です。

【記載例】 

  • 悪い例:営業職
  • 良い例:営業職 既存の顧客先を回っていただきます。
            最初は先輩が一緒に回りサポートするので、初心者でも安心

データ入力などの作業職の場合

データ入力などの作業職は企業にとっては大切ですが、
単調だと敬遠されがちです。
具体的にどのようなデータを扱うのか、何に使うためなのかを伝えることで、やりがいを感じてもらえるかもしれません。
また、使用するソフトを記載すると、ソフトに慣れた人材からの応募が期待できるのでオススメです。

【記載例】

  • 悪い例:データ入力
  • 良い例:エクセルを使って○○のデータ集計をしていただきます。
  • このデ ータは○○に活用し…

自社アピール欄では当たり前のことこそアピールしよう

自社アピール欄では相手(求職者)にとって、
入社するとどんなメリットがあるかを提示するのがオススメです。
魅力を感じてもらえれば応募者も増えるので、
結果的に良い人材に出会える可能性も高まります。

「思いつかないよ…」という方も少なくないでしょうが、
実は社内の人からすると当たり前に思うことも、求職者に対してはアピールとなる場合が多いです。
具体的に3つ、ご紹介します。

週休2日制はプライベートも楽しめる

現在は週休2日制の企業がほとんどではないでしょうか。
しかし求職者の中には休日が少なかったり、シフト制で休日が一定ではない人も少なからずいます。
そのような人たちにとってみれば、私たちが当たり前に感じている週休2日制も魅力的に映ります。

【記載例】
週休2日制なので、プライベートも充実できます。 

勤続年数の長さは居心地の良さの証

平均勤続年数が長い企業もありますよね。
社内の人たちはそれが当たり前になっているかもしれませんが、一般的には数年で退職者が出るもの。
平均勤続年数が長いということからは社内の人間関係が落ち着いていたり、居心地が良いことが想像できます。

特に転職で求人を探している人にとって、平均勤続年数が長いことはとても魅力です。
ぜひアピールしていきましょう。

【記載例】
平均勤続年数も長く、居心地のいい職場環境です。

昼食手当支給なら、お昼ごはんが楽しみになる

会社の手当などもアピールとなるポイントの1つです。
例えば昼食手当は家庭のある求職者や、将来のために貯蓄している若い世代に対してのアピールとなります。

【記載例】
昼食手当支給なので、毎日違ったものを食べることもできます!

まとめ

求人票の目的は「求職者に興味を持ってもらい、応募してもらう」です。
求職者に不安を与えたり、入社後にトラブルにならないよう、
情報は詳しすぎるくらい記載しましょう。

また、自社にとっては当たり前のことも、求職者には魅力的に感じます。「こんなこと」と思わずに、どんどんアピールしていきましょう!

求人広告を作成するカテゴリの最新記事