効果的な求人広告の書き方には決まりがあった!?

効果的な求人広告の書き方には決まりがあった!?

求人広告の書き方次第で、いい人材が入るかが左右されます。
では効果的な求人広告の書き方とはいったい何なのでしょうか。
ここでは効果的な求人広告の書き方の大事なポイントを紹介していきます。

求人広告の書き方には決まりがある?

求人広告には載せなくてはいけない必須項目があります。
その中でもそれぞれに適切な書き方があるのはご存知でしょうか。
ここでは求人広告における書き方を紹介していきます。

職種・仕事内容の書き方

職種・仕事内容は具体的に分かりやすく書いていくことが大切になってきます。
また求職者がやりたいことが自社ならできます、と思わせることも重要です。

例えば営業だけでも「営業」ではなく「〇〇の商品を説明する営業」など書くと分かりやすいでしょう。

具体的に書くことで仕事の詳細を求職者に伝えることができ、求職者も応募しても大丈夫かの判断材料となります。

試用期間・研修期間の書き方

試用期間と研修期間は一番気をつけなくてはいけない部分になります。
企業側は試用期間中のつもりで採用したつもりでも、
求職者はそのまま本採用のつもりで働いていて後にトラブルになったという事例もあるほどです。

項目に何も書いていなかったり、期間を間違えて表記するとトラブルになりやすい項目となります。

お互いの考えの相違がないように書いていく必要があります。

勤務地の書き方

具体的に勤務地を明記しておくことが大事です。
例えば「東京」ではなく、「東京の新宿区にある本社にて勤務」などと書いておくと分かりやすいでしょう。

職種によって勤務地が違う場合も、それぞれの詳細な勤務地を記載していく必要があります。
企業側と求職者の相違がないように気を付けましょう。

応募資格の書き方

応募資格は曖昧な表記をしてしまうとトラブルのもとになってしまいます。
例えば「パソコンが得意な方」という表記は、
どの分野のパソコンが得意かによって応募者も変わってきてしまいます。

この場合だと「パソコンでPowerPointを使える方」などと具体性を持たせると良いでしょう。
どんなスキルを持ち合わせているかによって、任せる仕事内容も変化していくので注意が必要です。

効果的な求人広告の書き方

求人広告の書き方が分かってきたところで、さらに効果的に注目してもらうにはどのようにしたらいいのでしょうか。
書き方1つで注目度は大きく変わってきます。

ここでは、順番に効果的な求人広告の書き方を説明していきます。

分かりやすいキャッチコピーを伝える

理想の社員に入社してもらうには、求職者に見てもらう機会を増やさなくてはいけません。
読み手に分かりやすく、かつ仕事内容と求職者のやりたいことに当てはまる書き方をする必要があります。

何より大切なのは、求職者に「自分に当てはまる」と思わせるキャッチコピーを作っていくことです。
分かりやすく、長すぎないキャッチコピーを作っていきましょう。

イメージがしやすい仕事内容を伝える

仕事内容を書いていても、まったく頭の中で想像ができず応募に至らないというパターンが多いです。
まずは広告を見るだけで、仕事内容がはっきりと分かるように明記していくことが大切です。

イメージをしやすくするためには、具体的に書いていく必要があります。
まずは自社の事業内容や強みを明確化していきましょう。

具体的な労働条件を明記する

労働条件を具体的に書かないと、
求めていない求職者が応募してきて時間を無駄に過ごしてしまう危険性があります。
まずは自社の労働環境を見直して、それに応じたありのままの労働条件を明記しておきましょう。

採用基準を具体的に書く

選考を行う前に、採用するための基準を記載しておく必要があります。
例えば必須スキルや年齢、結婚の有無などを明記しておくと良いでしょう。

採用に至るまでの無駄な時間を削減することができ、
採用したいターゲットを絞りやすいというメリットが見込めます。

求人広告を書く際の注意点

求人広告を書いていく際には、注意しておくべきポイントがいくつかあります。
その中でも注意すべきポイントはいったい何でしょうか。
そこで求人広告を書いていく際の注意点を明記していきます。

採用すべき人物像を明確化しておく

採用したい人の人物像を明確にしておくことで、求人広告に載せる記載内容も変わってきます。
さらには明確化しておくことで求人広告を作る際にも、
どのような内容で作っていくか迷わなくて済むというメリットがあります。

逆に明確化していないと、求人広告を作る際に多大な時間を要してしまいます。
余計な時間とコストを削減するためにも、人物像の明確化は必須条件となります。

自社の強みを洗い出す

自社の強みを洗い出し、魅力を発見しておく事が大切です。
自社の強みを認識しておくことで、求人広告を作る際にも
自社に入ることで得られるものを伝えやすくなります。

まずは自社だけしかないオリジナル溢れる強みが何なのかを考えてみましょう。

まとめ

求人広告の書き方次第で、採用が上手くいくかいかないかが決まってきます。
ただ書き方を理解していれば、問題なく採用活動は上手くいきます。

人事部にとって求人広告を作成することは必須条件でしょう。
効果的な求人広告を作っていきたいということでしたら、
是非こちらの記事を参考にしてみてください。

求人広告を作成するカテゴリの最新記事