求人広告のテンプレートを用いた書き方をご紹介!

求人広告のテンプレートを用いた書き方をご紹介!

求人広告を初めて作っていく際に、何を明記していくべきか迷ったりはしていませんか。求人広告というものを作る際には、必ず明記しなくてはいけない内容や書き方が存在します。

そこで今回は求人広告のテンプレートを用いた、求人広告の記載すべき内容を説明していきます。

求人広告作成のための3つのポイント

求人広告を作成していくにあたって、大切なポイントがあります。ポイントを理解し作成していくことで、理想の採用活動を行うことができると言っても過言ではありません。

ここでは求人広告作成を最初にしていくための3つのポイントを紹介していきます。

採用したいターゲット像を明確にする

自社が採用したい人物像を明確にしておくことが大切です。明確にしていなかった場合、自社とは関係ない求職者が広告を見て応募してくる可能性もあります。

その場合採用しないことが分かっているのに移動時間や面接に無駄な時間を取ってしまうことになってしまいます。お互いにとって全くメリットがありません。

まずは明確にしておき求人広告に記載し、自社が思うターゲット像に応募してもらうことが採用を成功させる方法です。

嘘をつかずありのままを広告に書く

よく自社を良く見せようとしたりアピールしたいという想いが先走り、嘘の求人広告を作成する人がいますが大きな間違いです。

嘘をついたまま入社をしてしまうと、イメージの相違が出てきてしまいトラブルのもとになってしまいます。トラブルを避けるためにも、嘘を書くのはやめましょう。

まずはありのままの情報を記載することが大切です。そのままの姿を載せることで、本当に来てほしい人材が応募してくる確率が高くなります。

また企業の良い部分と悪い部分の両方を載せておくと、それらを理解した求職者が応募してくるので更に良いでしょう。

書き漏れがないようにする

書き漏れがないように、自社の情報を載せていくことが大切です。求職者は求人情報を調べているときに、何より企業の情報を見ています。

自社のことを知ってもらうには何より自社の情報をありのまま書いておくことが必須条件となってきます。まずは書き漏れがないように、自社の情報をまとめていきましょう。

ただしすべてを載せると読みにくい求人広告になってしまうので注意が必要です。

求人広告に載せるべき内容

求人広告に載せる内容はほとんど決まっています。ではいったいどのような内容を載せるべきなのでしょうか。

順番に求人広告に載せる内容の詳細を、項目ごとに説明していきます。

事業内容と募集職種

自社が行っている事業の詳細内容や募集を行っている部署の仕事内容を明記します。

仕事の内容を理解してもらうことと、現在人手を募集しているのはどの職種になるかを知ってもらうための項目となってきます。

雇用形態

自社が求める雇用契約内容を記載しています。例えば、

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト
  • パート

などの記載方法があります。

現在どの雇用形態を募集しているかを伝える意味が含まれています。

給与

入社後の初任給やその後支払われる見込み報酬金額を明記していきます。求職者が働くにあたって給与は必ず知っておきたい部分となっており、この金額次第で応募してくる求職者も大きく変化してきます。

応募資格

自社が求める、応募してくれる人の必要な資格を明記しておきます。自社に入る際に必ず必要なスキルを記載する必要があります。これらを行うことである程度、自社が入れたい人物像を仕分けることができます。

勤務時間

勤務する就業時間を明記していきます。求職者によっては希望する就業時間は違います。まずは広告に書いておくことで、何時から何時まで働くことができるかを伝える意味合いが含まれます。

求人広告作成時に使えるテンプレート

いざ求人広告を作成していくとなっても、どのように作成したらいいか迷ってしまう人が多いのではないでしょうか。そこで求人広告を作る際の使えるテンプレートを紹介します。

今回は必ず記載する仕事内容欄と自社アピールの書き方をご紹介していきます。

仕事内容は具体的に細かく書いたほうが分かりやすい

仕事内容を具体的に書くことで自社が欲しい人材を明確化できるとともに、求職者を絞り込むことができます。例を使って順番に説明していきます。

営業職の求人広告を載せる場合

営業をするといっても何をメインに営業するのかを分かりやすく伝えることが大切です。以下は営業職においてNGな書き方とOKな書き方の例を示したものとなります。

  • NGな書き方:「営業」
  • OKな書き方:「営業職」 〇〇の商品を売っていただきます。最初は先輩も優しく教えながらの営業になるので初心者にも安心です

具体的かつ、安心感を与えて応募しやすい状況を作っていくことが大切になります。

事務職の求人広告を載せる場合

事務職にも様々な仕事内容があります。何をしていくかを具体的に書く必要があります。以下は事務職において、NGな書き方とOKな書き方の例を示したものとなります。

  • NGな書き方:「事務職」
  • OKな書き方:「会計事務職」 主に自社のお金の管理をしていただく事務作業となっています。

具体性を出せば出すほど、イメージがしやすいので分かりやすく書くことが大切です。

自社の強みを理解して魅力を伝える

自社の強みを理解することで、入社をする際に得られるメリットを明記していきます。魅力が多ければ多いほど、応募者は増えていく傾向にあります。

以下には具体性をもった自社アピール内容の例を明記していきます。

残業が1か月のうち10時間しかなく、ほぼ定時に帰れる

「残業なし」
⇒「ほとんどの社員は残業が1か月のうちに10時間しか行っていないので、定時に帰れることがほとんどです。」

残業なしでもなぜ残業がないのか、残業がないとどのようなメリットがあるかを明記しています。

週休2日制でプライベートの時間を取れる

「週休2日制」
⇒「週休2日制を取り入れたおかげで、社員のプライベートの時間を作ることに成功しました。」

週休2日制を導入したら何を得ることができたかを記載しています。具体性を加えることで伝わる印象が大きく変化していることが分かります。

まとめ

あくまで書き方に決まりはありませんが、大事なポイントはあります。必ず書かなくてはいけない項目や自社の強みを理解して、自社オリジナルの求人広告を作っていく必要があります。

求人広告の内容次第で、会社のイメージは大きく変化します。具体的かつ分かりやすい求人広告を作っていきましょう。

求人広告を作成するカテゴリの最新記事