求人広告を載せることのメリットを説明!

求人広告を載せることのメリットを説明!

求人広告とは多くの人に自社の魅力を発信し、出来る限り採用を成功させるようにしていく手法のことを表します。求人広告を載せることで採用に大きな影響を与えることが可能です。

ではいったいどのようなメリットが求人広告にはあるのでしょうか。ここでは求人広告を載せることのメリットを説明していきます。

求人広告の種類

求人広告として、主に2種類の広告があります。種類としては、

  • 紙媒体による求人広告
  • Web媒体による求人広告

があります。

ではそれぞれの特徴とはいったい何があるのでしょうか。順番にお互いの特徴を紹介していきます。

紙媒体

紙媒体における求人広告とは、人が多く集まる場所に置いてある求人情報誌のことを言います。よく駅前やコンビニなどに置かれていることが多く、ほとんどが無料で配布されています。

他にも新聞やチラシなどに紙で同封されていることが多く、直接探しに行かなくても手に入るものとなっています。ただし新聞やチラシに入っているものは、住んでいる地域の求人がほとんどなので注意が必要です。

Web媒体

Web媒体における求人広告は、主にネットにて求人情報を載せる方法になります。最近では多くの人がネットを駆使して情報を得ようとしています。その中でネットによる求人広告は欠かせないものと言えるでしょう。

仕事内容だけでなくHPからの企業情報や詳しい給料形態、仕事先の口コミなども見れるので仕事先の情報を詳しく仕入れたい人には最適な求人広告です。

紙媒体における求人広告のメリット

では紙媒体における求人広告のメリットとはいったい何になるのでしょうか。メリットについて1つずつ説明していきます。

地域のユーザーに届けやすい

紙による求人媒体は、求職をしている人にすぐ届きやすいというメリットがあります。例えば駅やコンビニ、本屋や飲食店などにも求人広告の冊子が置かれています。また人が多く集まる場所においておくことで、求人広告を見てもらうきっかけを作ることもできます。

地域に住む人にとっては目に届くまでのスピードがWebに比べて圧倒的に高いので、自分の地域で求人を探している人にとっては最適な手段と言えるでしょう。

ユーザーに発見されやすい

紙媒体は一覧性が高いのが特徴の1つです。同じ業種や同じエリア別で仕事が記載されているので、他の求人と比較しやすいというメリットがあります。事業内容は違えど、似たような仕事は星の数ほどあります。

業種や地域を絞っても、バラバラの業種が広告に載っていると自分がしたい仕事が見つからなくなってしまいます。比較対象があることで自分が本当に働きたい場所を選ぶことができるのです。

業務内容を伝えやすい

求人広告誌にもよりますが、色をつけたり仕事内容の詳細を記載することができます。書き方次第で注目度をあげることがしやすくなったので、求職者に業務内容を読んでもらいやすくなっています。

ただ仕事の詳細を書いていくだけだと注目はされないので、どれだけ広告内容に工夫を凝らすかで注目されるかが変わってきます。似たような仕事でも他の企業とどれだけ仕事内容が違うかを明記していくかで、採用活動が上手くいくかが変わっていくと言っても過言ではありません。

Web媒体における求人広告のメリット

次にWeb媒体における求人広告のメリットとはいったい何になるのでしょうか。メリットについて1つずつ説明していきます。

多くの人に自社の求人情報を見てもらえる

Webによる求人広告は、多くの人に見てもらうきっかけが多いのが大きなメリットになります。現代はWeb社会となってきており、インターネットを経由して求職をする人が増えてきています。

どれだけの人に求人広告を見てもらえるかで優秀な人材を入れれるかが決まってきます。Webを利用している求職者や優秀な人材を入れたい企業にとっては、Web媒体における求人広告はなくてはならないものと言えるでしょう。

転職希望者に自社をアピールできる

転職を希望する人が最初に見るのは、ほとんどがWebでの求人広告です。なので中途採用に力を入れようと考えている企業にとってはWebでのアピールが必須となってきます。

またWebでの求人広告の内容は、求人サイトにもよりますがいくらでも変更可能になってきます。中途採用で働いてほしいという人物像にピンポイントにアピールすることができるのが大きなメリットとなるでしょう。

応募のハードルが低くなり、応募者が集まりやすい

クリックするだけで簡単に応募ができるので、余計なことを考えず応募する人が多いのがWeb媒体の特徴です。応募自体も簡単に出来るようになったので、企業にも人が集まりやすくなります。

人を集めることによって自社を知ってもらうキッカケ作りにもなるので、クリックするだけで応募ができることには大きな強みが隠れています。

まとめ

どちらの求人広告媒体にも大きなメリットや特徴があります。どちらが自社にとってのメリットが大きいかを考えて求人広告を載せていくと良いでしょう。もちろん2つの求人広告に載せるのも問題はありませんが、中には有料のものもあるので注意が必要です。

自社に合った最適な人材を、求人広告に載せてどんどん見つけていきましょう。

求人広告を作成するカテゴリの最新記事