SNSを使った採用方法の紹介

SNSを使った採用方法の紹介

近年の採用方法の中には、SNSで採用をするという手法が存在します。時代の変化に合わせた採用手法として、数々の企業が利用しています。

ではSNSを使った採用手法とはどういったものになるのでしょうか。ここではSNSを使った採用方法と効果について説明していきます。

SNSとは何か

まずSNSとはソーシャルネットワークサービスの略称で、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービスになります。例として「Facebook」「Twitter」「Instagram」などがあることで有名です。

特徴として企業が求職者や自社の事業内容に興味をもっている人、自社のブランドに近い活動をしている人にメッセージを送ることができます。お互いの理解をネット上で済ますことができるので、SNSは現代の採用において必要不可欠な採用方法となっています。

SNSで採用すると得られる効果とは

SNSはネット社会と言われている現代にとって、必ず必要なものになってきます。ではSNSの採用方法を行うことで得られる効果とは何なのでしょうか。

ここではSNSを活用することで、企業側が得られる効果を説明していきます。

求職者の情報を先に見ることが出来る

SNSでは相手のプロフィールなどを見ることができるので、自社のブランドと相違ないかを確認することができます。プロフィールには自分の名前・年齢はもちろんのこと、今までの経験・スキルなどを確認することも可能です。

採用コストを抑えることができる

SNSに登録する際は無料で利用することができるので、コストがかからないという特徴があります。求人サイトを使ってしまうと、どうしても採用コストがかかってしまい費用対効果を得られない場合もあります。

その点SNSだとアカウントの開設や運用に手間がかかるぐらいで、求人媒体に登録するよりコストを抑えられることが可能になってきます。

採用におけるミスマッチを減らすことができる

採用において一番恐れる部分が、企業に入った後の求職者とのイメージの相違です。もし会社に入った後に「イメージと違った」と言って辞められてしまうと、お互いに時間の無駄になってしまいます。

しかしSNSだったら気軽に入社するまでに相談することができたり、企業の情報を共有することができます。

SNSで興味のあること・性格・考え方を知ることができる

求職者がSNSで投稿をしている場合、興味があることや文章から性格・考え方を知ることができます。SNSで発信している内容は、主に自分が興味があるものを投稿する場合がほとんどです。

自社の事業内容や考え方などに共通部分があるようでしたら、積極的に声をかけていくと良いでしょう。

SNSを使った採用方法

実際にSNSを使った採用を行う場合、どのような媒体があるのでしょうか。媒体ごとによっては特徴が大きく異なり採用したい人によっては媒体を選んでいく必要があります。

ここでは実際に採用に使われるSNS媒体の説明と特徴を説明していきます。

Facebook

FacebookはSNSの代表格として使われており、世界中で最も多くのユーザーが使用しています。主に30代から40代の人が多く利用していて、ビジネス用にも使われていることが特徴になってきます。

さらには自由度がとても高く、自社のブランドの立ち上げや集客をしたい場合のマーケティングなど幅広く活用することが可能です。以下では、Facebookを使った採用活動をしている企業の事例を紹介していきます。

ソフトバンク 新卒採用

通信業界でも大手のソフトバンクはFacebook採用を取り扱っています。新卒向けのアカウントを開設しており、先輩社員の生の声を配信しています。

また企業の理念や会社制度などHPで載せる内容なども投稿しており、フォロワー数も他の企業に比べて圧倒的に多いという特徴があります。

Facebookページ:https://www.facebook.com/softbank.saiyo

博報堂

大手広告代理店として注目されており、投稿内容としてはイベント情報や入社した先輩社員のインタビューなどを投稿しています。Facebook特有のレビュー機能を見ると大変評価が高く、見る人を安心させるサイトの作り方をしています。

働いている社員視点で投稿をしているので、親しみやすさを感じることができます。

Facebookページ:https://www.facebook.com/h.mp.shinsotsusaiyo

Twitter

Twitterの特徴として全世界で多くの利用者がおり、海外進出を考えている会社などが利用している傾向にあります。

他にも短い文章で投稿をまとめる機能が搭載されており、投稿を見るだけで文章をまとめる能力の高い人材や人気の高い投稿を作っている人物を割り出すことが可能です。

以下にTwitterを使った採用活動をしている企業の事例を紹介していきます。

株式会社プログレス

内容としては、人事ブログを中心とした投稿内容になっています。選考が進むにつれて変わってくる人事目線での求職者の見方などを発信しているので、求職者にとってはありがたい記事の投稿をしています。より企業を知ってもらいたい、という想いが強いことが分かります。

Twitterページ:https://twitter.com/prgs_tw

ATLUS

新卒採用や中途採用に関する情報を主に載せている、ゲームメーカーになります。取り寄せた質問などの回答をすぐに反映してくれるので、入社を考えている求職者目線を考えたTwitter運営を心掛けているのが見受けられます。

Twitterページ:https://twitter.com/ATLUS_saiyo

Linkdln

Linkdlnはビジネス用のSNSになり、企業と求職者のマッチングを目的としたSNS媒体になります。他のSNSとは違い、自分のスキルや経歴をプロフィールに詳しく載せることが可能になっているので、新しいビジネスパートナーを探したい場合に利用されることが多いです。

以下に、Linkdlnを使った採用活動をしている企業の事例を紹介していきます。

エクスペディアホールディングス株式会社

旅行予約サイトで使われることが多いエクスペディアはLinkdlnを活用しています。コスト削減や採用スピード向上にもつながり、短期間での採用に成功しています。

やりとりのスピードが早くできるLinkdlnだからこそできる採用活動と言えるでしょう。

参考サイト:https://www.slideshare.net/linkedinjapan/expedia-holdings-case-study-jpn

株式会社メルカリ

2015年にLinkdlnの導入を始めたメルカリは、少しづつですが採用における成果を出してきています。採用したい人には「ミートアップ」という社員と話せる場所を提供しており、自社の魅力を伝える工夫を独自で執り行っています。

参考サイト:https://jp.linkedin.com/company/mercari-inc-

Instagram

Instagramの特徴として、写真の載せ方や動画の編集の仕方などを見ることで視覚的アプローチ方法を見ることができます。主にWebメディアや

ここではInstagramを使った採用活動をしている企業の事例を紹介していきます。

株式会社Enjin

自社の日常を投稿している会社になります。普段の会社での仕事風景は勿論の事、プライベートの写真などを投稿しているので働く前の人に安心感を与えています。リアルな情報を発信しているので、良い所・悪い所見ることができ安心して採用活動を進めることができるのが特徴となっています。

Instagramページ:https://www.instagram.com/enjin_pr/

アイコミュニケーションズ株式会社

社内の様子を、特に気取ることなくありのままを映しているのが特徴的です。社員の様子や働く人の顔もはっきりと映してくれているので、安心して求職活動を行うことができる形となっています。

Instagramページ:https://www.instagram.com/aicomminfo/

まとめ

SNSによって特徴があるので、自社に合うサイトを選ぶ際には注意が必要となってきます。しかし得られる効果と自社に与えるメリットをしっかりと理解しておくことで、SNSによる採用活動は求人サイトを使うより効率的と言えるでしょう。

ぜひ自社の採用活動に活用できるSNSを見つけていってください。

採用手法を考えるカテゴリの最新記事