人材紹介会社について徹底分析!

人材紹介会社について徹底分析!

採用手法として多くの企業に利用されている、人材紹介での採用方法。近年では、たくさんの人材紹介採用が存在しているため、「どの業者を選べばいいのかわからない」という方もいるかもしれません。
この記事では、人材紹介を使った採用の概念、メリット・デメリットについて紹介していきます。また、今回は「登録型」の人材サービスについて紹介していきます。

人材紹介会社とは

まずは、人材紹介を行う「人材紹介会社」について解説します。
人材紹介会社とは、厚生労働大臣の許可が必要な「有料職業紹介所」のことです。人材バンクと呼ばれることもあります。人材紹介会社は、企業から求人の依頼を受けると、転職を希望する登録者の中から、要望に添った人材を紹介します。企業側が紹介手数料を支払うことで運営されている会社で、採用に至った場合のみ、手数料を支払う成功報酬制を採用しているケースが一般的です。


人材紹介会社では、面接の日程調整など内定に至るまでの細かなオペレーションまでも担当しているため、企業人事の負担を大きく削減することができます。また、内定承諾が得られるよう、給料や入社日などの条件交渉などを企業側と求職者の間に立って行い、双方が満足できるように仲介まで行います。

人材紹介採用のメリット

人材紹介会社を利用した採用の場合、どのようなメリットがあるのか紹介します。

コストが無駄になる心配がない

人材紹介採用は成功報酬型のため、採用決定が出た時点でのみ、コストを支払う形式です。そのため、事前に出稿費を支払う求人広告や媒体と異なり、結果が出た時だけ支払いをすれば良い仕組みです。
媒体などの手法だと、採用ができなくとも出稿代金は返金されないため、リスクは回避できません。リスクを取らず、損をしたくない場合には、最も適した方法だと言えるでしょう。

採用にかける時間を減らせる

人材紹介会社を利用すると、基本的に専任エージェントが母集団形成や日程調整、年収交渉までも巻き取ってくれます。そのため、人事が行うのは、面接や書類選考のみになるので、他の業務に専念することができます。
また、エージェントに選考結果や人材のマッチ度などをフィードバックし、人材要件定義をし直すこともできるので、効率的に採用を行うことができます。
このような業務巻き取り分も、成功報酬分に含まれています。

非公開での採用活動ができる

求人広告では大々的に出稿できないようなポジションでも、エージェントを使って内密に進めることが可能です。また、特に経営幹部などハイクラスな人材を求める場合は、そのような求人に特化したヘッドハンターもいるため、質の高い人材に声をかけやすくなります。
人材紹介会社側も、「非公開求人が多くある」というメリットを謳い、ハイクラスな人材を集めているため、マッチング率が上がり、優秀な人材に出会えると言えます。

人材紹介採用のデメリット

一見、メリットが多いようですが、もちろんデメリットも存在します。この章では、デメリットを紹介していきます。

1人あたりの採用コストが高い

採用決定が出た場合、成功報酬として年収の約30%を支払うのが一般的です。例えば年収500万円の人材を採用した場合、かかるコストは150万円。これは、求人広告や媒体と比較すると倍以上のコストになる可能性があります。
採用できた際は、コスト負担が大きくなるということへの留意が必要です。

希望する人材になかなか出会えないこともある

いくら人材紹介会社に要望を伝えても、欲しい人材に出会えない、紹介してもらえないということもあります。
この理由としては2つがあげられます。
まず1つは、登録型の人材紹介の多くは東京・大阪を中心とした首都圏に特化していることです。転職希望者は、登録するとまず人材紹介会社との面談を行うため、どうしても通いやすい首都圏に人材が集中しがちになります。そのため、地方企業にはなかなか紹介が集まりにくかったり、紹介を得られないということも起きています。

もう1つは、人材紹介会社もクライアントの優先順位をつけている、ということがあげられます。
先述の通り、年収の30%を得る成功報酬型で動いているため、年収が高ければ高いほど、自社の利益も増える仕組みです。すると、年収が高くでる企業により多くの人材を紹介するため、中小企業やベンチャー企業など、年収での勝負が難しい企業はなかなか紹介が回ってきません。できるだけ、担当者とのつながりを強めておき、良い企業であることをアピールすることが必要です。

デメリットから考える、人材紹介会社の選び方

メリットもありますが、デメリットもある人材紹介での採用。
年収の30%の成功報酬型、という特徴もあるため、年収で勝負ができない企業は人材紹介会社を選ぶ時にはポイントが必要です。
ランキング上位の人材紹介会社を選んでしまうと、どうしても大手企業に紹介が偏りがちになってしまいます。また、人気の企業や業種には、「大手に転職したい」という転職者が集まりやすい傾向もあります。

中小企業やベンチャー企業などに強みを発揮している人材紹介会社もありますので、それらの一覧から、自社にあった業者を選ぶことが大切です。また、大手人材紹介の中でも、企業規模を分けた担当制を設けている企業もあります。必ずしもランキング上位の人材紹介会社が、自社にとって良い会社ではないことに注意しましょう。

まとめ

人材紹介を利用した採用のメリット・デメリットをまとめました。採用活動を外部に委託する方法ですので、自社や求人ポジションの特徴を正確に、客観的に把握することが大切です。上手く活用できれば良い人材に出会える可能性が高い方法ですので、ぜひ参考にしてみてください。

採用手法を考えるカテゴリの最新記事