人材募集の手段として行われる求人広告とは?その概念から特徴まで紹介 

人材募集の手段として行われる求人広告とは?その概念から特徴まで紹介 

企業が人材を募集する手段のひとつとして行われる求人広告とは、どのようなものでしょうか。ここでは求人広告の概念や特徴、そして活用方法や活用する際の注意点などを紹介します。求人広告の特徴や効果を知るとことで効率的な採用活動が行えます。

求人広告とは…その概念と種類や特徴

求人広告とは

採用実務において応募者を確保する手段としては、大学や専門学校、ハローワークからの紹介や合同会社説明会を活用するなどさまざまな方法がありますが、より多くの求職者にアプローチする手段としては求人広告があります。求人広告は、企業が人材を採用のために自社の求人情報を掲載する広告です。

業務内容や給与や勤務場所などの待遇、どのような人物を求めているかなどの募集要項を広告媒体に掲載することで、その広告を見た求職者からの応募を待つ募集手段です。

求人広告の種類

求人広告は掲載する媒体によって大きく2つに分けられます。1つは「Web媒体」と言われるものと、もう1つは「紙媒体」です。「Web媒体」は、インターネット上の求人サイトに求人情報を掲載する方法で、「紙媒体」は、新聞や情報誌、フリーペーパーなどに求人情報を掲載する方法です。

「Web媒体」と「紙媒体」では、その媒体を利用する人数や層などが違うので、求める人材の年齢やスキルや採用予算に合わせて、どちらを使うのか検討することが重要となります。では、「Web媒体」と「紙媒体」それぞれの特徴と活用方法を説明します。

「Web媒体」の特徴と活用方法

「Web媒体」の種類と特徴

「Web媒体」として代表的なものとしては、主に大学生の新卒採用をターゲットとした”マイナビ”や”リクナビ”、中途採用を目的として転職市場をターゲットとした”doda”、”エン転職”などが代表的なものです。その他にもアルバイトやパートの募集に特化した求人サイトとたくさんの種類があるので、求める人材に合わせて媒体を選ぶ必要があります。

「Web媒体」の求人サイトでは、求職者は業種や年代、勤務地、正社員かアルバイトかなどで仕事を探すことができます。一方、企業としては自社に興味を持った人にダイレクトに自社の求人情報を伝えることができるので、求める人材とのミスマッチを防ぐことができます。また、自らの意思で求人サイトに会員登録をして、求人を検索しているので就職に対して意欲的な人が多いことも特徴です。

「Web媒体」の効果的な活用方法

一般的に「Web媒体」は、「紙媒体」に比べて掲載できる情報量が多いことが特徴です。募集要項などの基本的な情報の他に職場の雰囲気や先輩社員からのメッセージなど、求職者が知りたいと思う情報を画像や動画を使って伝えることもできます。それによって、求職者が実際に働くイメージを持ち、応募を促す効果が期待できます。

「Web媒体」の求人サイトでは、求職者はより詳しい情報を閲覧したり応募するには会員登録することが必要となります。その際、年齢や性別、学歴、希望業種、希望職種などの情報を入力するため、求人サイトを利用する企業はそれらのデーターをもとに、求める人材像に近い人を抽出して、情報を発信したりメッセージを送ったりと、企業側から求職者にアプローチするためのサービスを使うことができます。

「Web媒体」の求人サイトでは、全国どこからでも閲覧してもらうことができ、24時間いつでも応募することが可能です。「Web媒体」の求人サイトは、インターネットを使い慣れた若年層に強く、地域を限定せず複数名の採用を予定する企業には最も効果的な募集手段となります。

「紙媒体」の特徴と活用方法

「紙媒体」の種類と特徴

「紙媒体」は、新聞や雑誌、フリーペーパーの求人広告欄や折込チラシ、求人情報誌などです。最近では、無料の求人情報誌がコンビニや駅など多くの人の目に触れる場所に設置されています。「紙媒体」への求人広告は、その地域に住んでいる人や通勤通学している人を採用したい場合は非常に効果が期待できます。また求人広告としてだけではなく、会社や店舗の宣伝としての効果も見込めます。

「紙媒体」の効果的な活用方法

インターネットの普及により、現在では「Web媒体」を使った求人広告が主流となっていますが、「紙媒体」での求人広告は、どちらかというと地域を限定して発行されているものが多く、エリアが限定されるデメリットの反面、地域密着型で地元の人を採用
したい場合には効果が期待できます。

「紙媒体」での求人広告は、その媒体の読者層や読者数、配布されるエリアによってターゲティングが可能です。例えば新聞に求人広告を掲載した場合は、その広告を目にする層は新聞を定期的に購読している政治や経済、地域の情報に興味がある人が多いと考えられます。

求人広告を掲載する際の注意点

求人情報が不足していると、求職者は不安になるものです。特に仕事の内容については、できるだけ具体的に記載します。数字が入っていると、具体性や信憑性がUPしますので、求人情報で数字を公開できる箇所があれば付け加えます。

また、職種や仕事の内容が類似している募集は、給与や待遇など条件面で他社と比較されることが多くなります。待遇などすぐに見直しや改善ができない場合は、会社の雰囲気など他の面で求職者に魅力的と感じてもらえるように求人情報の書き方を工夫することで、より多くの応募者を確保することが期待できます。

求人広告は人材募集の手段でもありますが、多くの人に自社の営業内容や魅力を知ってもらえる宣伝ツールともなります。媒体によって掲載することができる情報量に制限があるので、自社の魅力がより伝わるように文章を工夫します。また画像や動画を使い視覚的な情報を加えると、より効果が期待できます。

まとめ

求人広告は掲載する媒体により利用者や読者層が違います。その情報をもとに自社が求める人材像にそってターゲティングすることができる一方で、掲載する媒体が適切でないと思ったように応募者が集まらないことになります。掲載する費用を含め、より効果が期待できる媒体に求人広告を掲載することが重要です。

採用手法を考えるカテゴリの最新記事