採用ツールとは何?概念から特徴まで紹介

採用ツールとは何?概念から特徴まで紹介

近年、売り手となった採用市場で企業が優秀な人材を確保するためは採用ツールの使用がかかせません。人事担当としてどのような採用ツールを使い自社の魅力をターゲットとする人材へ有効に伝えるのかについて頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。本文ではメジャーな採用ツールを紹介すると同時にその使用方法についても比較しています。ぜひ採用活動を行う際の参考にしてみて下さい。

今、なぜ採用ツールが採用活動の鍵を握るのか

採用環境の変化

新卒採用のスケジュールの見直し
今年の4月に経団連がオリンピックの開催を背景に2021年の新卒採用に向けて新卒採用スケジュールの見直しを検討しているとの報道がなされました。これによって今後、新卒採用のルールが大幅に変更されるだけでなく新卒採用の採用期間の通年化がさらに加速することが予想されます。

キャリア採用を含めた企業間における中途採用人材確保の激化
転職市場はこれまでにないほど売り手市場になっています。現在、市場での競争が激化しており多くの企業が通年を通して中途採用を実施しています。このような状況において企業にとっては優秀な人材を確保することが急務の課題となっています。

採用広報ツールの多様化

従来のリクルートやマイナビなどに代表される大手求人媒体代理店を経由した採用方法以外にリファーラル採用、ダイレクトリクルーティングおよびソーシャルリクルーティングなどの新しい採用広報ツールを使用した採用方法が台頭しています。

これらの新しい採用方法ではソーシャルメディア等を含む採用広報ツールをいかに有効に活用して自社の魅力をアピールすることが求められます。また、インターネットが普及したことによりウェブサイトやSNSを使用して企業情報を検索する求職者が増えてきていることから採用市場におけるその重要性も高まってきています。

一体、採用ツールとは何か

採用ツールとは、採用ターゲットを明らかにした上で応募者の特性に合わせた採用情報を魅力的かつ、相手が納得できる形で伝えるためのツールです。これまでは企業が採用活動を行う際に新卒採用ツールと中途採用ツールを分けて使用するのが一般的でした。

しかし、近年では新卒者および転職者の採用期間が通年化していることから、採用層を分けずに採用ツールを一本化している企業が増えています。これからさらに採用市場の変化が加速すると予測されます。

自社に貢献する優秀な即戦力となる人材を確保するためには、採用活動においていかに効果的に採用ツールを活用していくかが大きな鍵となるでしょう。

企業が使用する代表的な採用ツールの種類としては自社ホームページ、ビデオなどの映像、会社案内や入社案内用パンフレット、説明会で使用するパワーポイント資料などがあります。また、就職・転職イベントで使用する際のブースの装飾や企業独自のノベリティグッズなども採用ツールの一部です。

主な採用ツールの種類、特徴とその比較

採用ツールには様々な種類がありますが、ここでは代表的なもの3つを取り上げ、それらの特徴と比較をとりあげます。

自社採用ウェブサイト

採用広報ツールとしてぜひ活用してもらいたい採用ツールです。近年、多くの企業が積極的に使用している採用ツールでもあります。就職者のみならず転職者を含めた求職者は自分が入社を希望する企業の情報を直接企業ウェブサイトから取集しています。

企業サイトとは別に採用ウェブサイトを設け、求職者に向けた適切な情報を発信することで自社の魅力や実際に入社した時のイメージなどを明確に伝えることができます。

また、自社採用ウェブサイトの構築運用と同時にTwitterやFacebookなどのSNSを連動して使い求職者にアピールしていくことも有効です。自社採用ウェブサイトは通常紙媒体である会社案内パンフレットと比較して、ニーズや求職者の反応に合わせてコンテンツを適宜カスタマイズすることができるところが強みとなります。

会社案内用パンフレット

これまでも使用されてきた新卒者、中途採用者問わずに求職者に対して自社の情報を伝えるための重要な採用ツールの1つです。通常印刷して使用することが多く、自社サイトのように頻繁に更新することはありません。

他の採用ツールと比較して会社内容、社長や既存の社員のインタビューまた仕事や職種についてのより詳細で印象的な情報を伝えるのに適しています。また、会社説明用ビデオなど他の採用ツールと組み合わせることで一貫性のあるメッセージを求職者に伝えることができます。

動画や映像

インターネットの普及とともにメジャーになってきた採用ツールです。実際に動画や映像などの採用ツールを採用活動に使用する企業も増えています。これらの採用ツールは自社サイトや紙媒体のツールと比較して、求職者に対し視覚的に自社の魅力や企業文化などを訴えることができるだけでなく、構成や演出などを工夫することによって強い印象を残すことができるのが特徴です。

これらの採用ツールは目的や用途によって複数の動画を作成することでより強い効果を発揮します。動きとともに臨場感とイメージを求職者に対して伝えることができるのがこれら採用ツールの強みです。単体で使用するよりほかの採用ツールと組み合わせて使用してみてもいいでしょう。

まとめ

今回は採用ツールについて紹介しました。昨今の著しい採用環境の変化や採用広報ツールの多様化により、従来の採用方法では優秀な人材を確保することが難しくなっています。

今後増々人材確保の面において競争が激化する採用市場においては、人事担当として必要最低限の採用ツールについて知っておくことが重要です。また、その知識を深めていくことも忘れないようにしてください。

採用手法を考えるカテゴリの最新記事