低コストで求人をしたいのなら使うべき。採用課金型の実態をご紹介!

低コストで求人をしたいのなら使うべき。採用課金型の実態をご紹介!

最近になってよく聞くようになった採用課金型の求人方法というものがあります。内容としては「採用が確定するまで費用が発生しない」という特徴があり、これを利用した企業も増えてきています。

ではそもそもどのような内容なのでしょうか。今回の記事ではこの採用課金型採用の特徴とそれぞれのメリット・デメリットを説明していきます。

採用課金型採用とは

最近良く聞くと言ったものの、そもそも採用課金型とはいったいどういったものなのでしょうか。ここでは採用課金型がいったいどういうものなのか、詳しい特徴を説明してきます。

無料で求人広告を載せることが出来る

最大の特徴として無料で求人広告を載せることができるという特徴を持っています。他の求人媒体では広告費が発生するのが主流ですが、そのほとんどが最初の広告を載せる段階では料金が発生しません。

最初の広告を無料で載せられるということで注目を浴びている手法になります。

採用確定後に料金が発生する

ではどこで料金が発生するかというと、採用確定後に料金が発生するシステムになっています。料金自体は採用課金型を実際に活用している媒体(求人サイト)によって金額が変わってきます。ほとんどは契約プランや契約内容によって金額面が大きく異なりオプションでどのような特典をつけるかによって追加料金が発生するという料金発生システムです。

採用によっての料金発生システムなので、最初の採用コストを抑えたいという企業が利用している傾向にあります。

採用お祝い金というシステムがある

新卒・中途採用以外でも利用する企業は多く、最近のアルバイト求人でも活用されいます。その際に採用お祝い金というシステムがあります。これは企業に採用された応募者にお祝い金として、お金を与えるというシステムになります。金額は求人媒体によって異なります。

お金がもらえるということでたくさんの応募者が集まりますし、採用に至るまでの費用はかかってきません。たくさんの応募者数を集めるための最適な手段であると言えます。

採用課金型を利用することによって発生するメリット

では採用課金型を利用することによって得られるメリットは何なのでしょうか。ここでは利用に際してのメリットを紹介していきます。

コストを抑えることができる

人材採用の一番費用が掛かると言われている広告費用を極限まで抑えることができます。何より最初は採用自体にコストをかけたくないという企業にはおススメの採用手法になってきます。

主な例として会社をたてたばかりの企業や社員ではなくアルバイトを雇いたいと感じている企業が利用している傾向にあります。

応募者を多く集めることができる

媒体によってはお祝い金システムがあるので、応募者をたくさん集めたい時は利用するとよいでしょう。お祝い金をもらえるというのは今までにないシステムとなっており、求職をしている側もお金がもらえるということで給料体制や仕事内容次第では応募が殺到する傾向にあります。

ただしお祝い金は自社で用意しなくてはいけないので採用人数には注意が必要です。

件数を制限なく載せれることができる

広告費が取られてしまい、部署が多い企業だと必要な人員が多くいても求人活動ができないということが今までの求人媒体ではありました。しかし採用課金型を選べば必要な部署数、必要な人数が入社するまで永久に無料で求人広告を載せることができます。

今後お店を増やしていきたい、部署数を増やしていきたいという会社にオススメの採用手法といえます。

採用課金型を利用することで発生するデメリット

では逆に採用課金型を利用することによって発生するデメリットは何なのでしょうか。ここでは利用に際してのデメリットを紹介していきます。

サポート体制が悪い

媒体によってはほとんどサポートをしてくれないところがほとんどです。例えば大手広告会社と違って受付自体が電話受付しかなかったり、直接営業に来てくれなかったりなどの大きな問題点があります。

思ったように採用活動が上手くいかない時や採用に関しての相談をしていきたい時などには、直接的ではなく間接的なやり取りになってしまう傾向にあります。

即効性がない

最近流行ってきたとはいえ知名度がまだそこまで高いものではないので、質の高い応募者を期待することができません。さらにはいつ応募が来るのかが分からないのが最大のデメリットにもなります。大手広告会社は知名度があり応募が早く殺到しやすいが、採用課金型の広告媒体は知名度が低いため応募者の目に届くのが遅いという傾向があります。

早く人材を採用していきたいということでしたら、少しでもお金をかけてでも有料の求人媒体を利用したほうが良いでしょう。

営業体制が整っていない

採用課金型採用を運営しいる求人媒体は大手ほどの営業体制が整っていない傾向にあります。大手の広告会社と違って直接営業に来てくれなかったり、広告を貼った後の営業マンと交渉できないなどの問題点があります。

求人サイトの営業マンによって自社に有益な情報を提供してくれることもあるので、営業体制が整っていない採用課金型の求人媒体は今後の採用活動において永久的に利用できるものではないと言えるでしょう。

まとめ

費用面を抑えたい企業によっては採用課金型の求人媒体は大変便利かつ、人を集めていくには最適なツールといっても過言ではないでしょう。しかしながらしっかりと体制が整っていないという部分は、優秀な人材を入れたいと考える企業にとっては難しいものとなるでしょう。

今の自社が採用活動において何を最重要項目としてとらえているのかを知る必要があります。費用なのか、人員数なのか、優秀な人材なのか、これらを明確にして求人媒体を選んでいきましょう。

採用手法を考えるカテゴリの最新記事