これで失敗しない。採用戦略に使える3つのフレームワーク

これで失敗しない。採用戦略に使える3つのフレームワーク

人材採用をするにあたって、戦略を練っていくことはとても大事になってきます。さらに採用にあたって良い人材・欲しい人材を採用したいと考える企業は多いでしょう。しかしその採用戦略を間違ってしまうと良い人材は入らず、会社にも大きな損害を与えてしまいます。ここでは良い人材を採用するためのフレームワークをご紹介していきます。

採用戦略とは

そもそも採用戦略とはなんでしょうか。ここでは採用戦略について詳しく説明していきます。

採用戦略とは

採用戦略とは、自社にとって良い人材や欲しい人材を採用するための戦略になります。この戦略を立案することには大きなメリットが2つあります。

まず1つ目は一度戦略を固めてしまえば、今後の人材採用においても効果を発揮できる点です。自社の今後の展望を明確なものにすることで、どのような人材を採用していくかを考えるのは大変重要な項目になります。最初の採用戦略が今後の命運を握ると言っても過言ではありません。採用戦略を確立したものにすると自社に良い影響力を与えてくれる人材を継続的に採用することが可能となってきます。

2つ目は、経営層を巻き込こんで会社全体で採用活動を行うように仕向けることができるということです。どうしても人事部と上層部が意思疎通をしておかないと方針展開の相違が生まれて

しまいます。協力して採用戦略を立てることで、互いの意見の相違が起こるという事態を防ぐことができます。

採用戦略の立案における4つのポイント

そもそも採用戦略はどのようにたてていけばいいのでしょうか。それには大事なフレームワークがあり、これを理解していないと失敗してしまいます。それには4つのポイントがあるのでここではそのポイントを具体的に説明していきます。

会社が求めている人物像を決める

会社に入ってほしい人材がどのような人かを設定して、会社のために働いてくれる優秀な社員を明確にすることが大切です。最初の採用の時点で会社にどういう人物が入ってほしいかを決めておかないといけません。そうしないと後々の事業展開の際に働く社員との意識の違いが発生してしまい、せっかく採用した人材も辞めてしまうという恐れがあります。

そういう事態の発生を防ぐためにも最初に人物像を設定しましょう。そうすることで募集をかける際や応募があった時も設定した人物像と似ているかの判断ができます。さらに時間や手間をかけることなく採用活動がスムーズにはかどることができます。

採用するときの具体的な目標設定

採用人数や採用にかかるまでの費用、人件費がどれだけかかるかを明確にして正しい数字を確立していくことが必要です。経営戦略を立てた際の費用などは重要な項目になってきます。これを意識せずに採用活動を行ってしまうと、必要のない出費を重ねてしまったり、逆に費用があるにもかかわらず人手が足りないという事態が起こりかねません。

具体的な数値を出して今の状況を分析し、社内で共有することで問題点を洗い出すことができます。これにより、さらなる改善策を設定することが出来るので大変重要な項目です。

採用手法を選ぶ

スケジュールや採用にかけれる人数、費用を考えて採用手法の方法を選んでいくことも採用戦略には必要です。HPを使っての採用なのか、会社説明会での採用なのか、はたまたそれにかけられる費用はいくらまでなのかなどを明確化することを考えます。

様々な手法がある中で同じ業界の他社は、どの採用手法を取り入れているかなどの情報分析をしていくことも大切になってきます。

入社が決まった後のフォローアップ

入社が決まった後もそこで相手との連絡を一時止めるのではなく、相手とコミュニケーションを取り続けフォローをすることが重要になってきます。これをすることにより内定の辞退がなくなったり、離職のリスクを減らすことが可能です。

フレームワークを利用した採用戦略方法

採用戦略にはフレームワークを活用すると大きく変わります。ビジネスにおいてよく利用されるフレームワークですが、採用戦略においても利用されます。フレームワークを利用し情報をまとめることで自社に合う人材を入れることができるでしょう。

それではどのようなフレームワークが採用戦略に使われるのでしょうか。いくつかご紹介していきます。

SWOT分析

SWOT分析とは目標を達成するための意思決定を必要とする企業において、外部と内部における強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4つのカテゴリー別で分析し事業環境変化に対応できる戦略を立てる方法の事です。

採用において自社の情報を整理し、強みや弱み、活用できる機会や今のうちに対応すべき脅威を把握しておくことは大変有効です。自分たちが採用すべき人材にどのようにアプローチをしていくべきかが分かります。

4C分析

採用戦略における4C分析とは、求職者の視点を分析するフレームワークになります。「顧客にとっての価値(Customer value)」「顧客にかかる費用(Customer cost)」「顧客にとっての利便性(Convenience)」「顧客にとっての会話(Communication)」を軸に、求職者が自社に何を期待するか、何を負担として捉えるかを明らかにしていくことで自社の良い部分・悪い部分が明確化し、アプローチ方法を変えていくことができる手法になります。ちなみに採用における顧客とは求職者のことになります。

3C分析

採用戦略における3C分析は、顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)という3つの項目から自社以外の環境を分析することができる手法になります。それぞれの状況を理解することで求職者と競合に対して自社がどのように対応すべきかなどの対応策を明確化する際に利用されます。

3C分析をした場合、競合が真似することのないアプローチ方法を見つけることができ自社が欲しい求職者も見つけることが可能となってきます。

まとめ

人材採用における採用戦略は大変重要な項目になってきます。最初の戦略をしっかり練ることで継続的に自社が欲しい人材をいれることができたり、事業展開において必要な人材確保もスムーズに進めることができます。

今までに採用戦略を何となくで終わらせていた企業はポイントを理解し、フレームワークを利用した採用戦略方法を実行していきましょう。

人事準備・採用計画を立てるカテゴリの最新記事