「話を聞いてみたい」と言われたら!選考前のカジュアル面談で聞くべきこと

「話を聞いてみたい」と言われたら!選考前のカジュアル面談で聞くべきこと

最近では中途採用の選考もユニークな形式が増えてきており、会社説明会を積極的に行う・社員との面談をたくさん組むる・カジュアル面談を実施するなど、さまざまな選考方法があります。どの企業も自社に優秀な人材を採用したいという気持ちを持っているため、新たな手法にも積極的に取り組んでいるのでしょう。

そこで今回は多くの企業が行っているカジュアル面談について、普通の面接とメリットや聞くことがどう違うのかなどの疑問にお答えします。ぜひ参考にして、自社で活躍してくれる優秀な人材を採用しましょう。

カジュアル面談とは?聞くことは普通の面接とどう違う?

そもそも、カジュアル面談とはどのようなものなのでしょうか?
カジュアル面談はWantedlyやリファラル採用などの影響で、本番の選考前に「お互いにもっと興味を持てるような情報交換をしたい」という考えから徐々に広まっていきました。事前に情報を得ておくことで、理解度が高まる・採用のミスマッチがなくなるなどのメリットがあります。

注意したいのはカジュアル面談と面接は全くの別物であるという点です。カジュアル面談は選考ではなく、あくまで企業と求職者、双方の情報交換の場として臨むことが大切です。候補者が採用要件を満たしているかを見極めることよりも、自社に興味を持って選考にエントリーしてもらえることをゴールとし、本来の選考よりもフランクに対応することを心掛けましょう。

また、カジュアル面談と面接のもう一つの違いとして、選考と比べ、候補者の転職意欲が低い場合が多いことが上げられます。

気軽に話を聞きに行けるカジュアル面談では、「今まさに転職をしたいと思っていないけど、話を聞いてみてよさそうだったらエントリーを考えたい」という風に、転職そのものへの意欲、また、面談を申し出た企業への入社志望度が高くない候補者が多い傾向があります。

そういった候補者に対し、自社を魅力的に語ったり、これまでの経歴をヒアリングして「当社ならこういった働き方ができる」など、入社後をイメージしやすい状況を作って志望度を上げるのが、採用担当者の腕の見せ所です。

売り手市場の状況となり、候補者も年々「入社後どのような条件で働ける場所なのか」を重視する傾向にあるため、カジュアル面談でお互いに理解を深めることが重要になってきているといえるでしょう。

カジュアル面談で聞くこととしては、志望動機などではなく、これまでの経歴やなぜ転職を考えているのかなど、その候補者がどういった考え方を持っているのか、転職するとしても方向性が自社と合っているかなどを確認するための質問を中心にしましょう。カジュアル面談なのに、いきなり志望動機を聞いてしまうと、どうしても企業側が優位な印象を候補者に与えてしまうことになります。普企業側が「お互いを深く知り合うことが重要」というスタンスを持ち、取り組むことが重要です。

カジュアル面談のメリット 

ここからカジュアル面談のメリットを、企業側と候補者側に分けてご紹介します。

カジュアル面談のメリット:企業側

企業側がカジュアル面談をするメリットは、下記の3つです。

(1)候補者の増加:応募よりも気軽なステップのため、多くの候補者と会うことができる

志望度合いがそこまで高くないものの、興味は持っているという状態の人にもカジュアル面談だとアプローチが可能です。カジュアル面談で魅力を伝えられれば、自社への志望度合いを高め次の選考に進んでくれる人を増やせます。

(2)企業の魅力を具体的に伝えられる

面接では聞くばかりで「この会社で働きたい!」という動機形成が難しいですが、お互いを知る場であるカジュアル面談であれば可能です。

面接とは違って「限られた時間の中で候補者の採否を判断する」という成約がないため、面談の時間は比較的自由に使うことができます。企業側自ら、仕事内容や会社の雰囲気についてアピールできるのは、カジュアル面談ならではといえるでしょう。「当社に入ったらあなたのこういった能力を活かすことができる」など、相手の経歴やスキルをヒアリングしたうえで入社のメリットを提案できれば、より具体的な動機形成も可能です。

求人票をみて興味を持ったけど、まだ応募に踏み切れない候補者に対して、カジュアル面談を活かして不安点を払拭できれば、これまでリーチできなかった人材からの応募も獲得しやすくなるでしょう

(3)候補者がリラックスできる

「選考」という意識が働くと、つい自分を偽ってしまったり、緊張して本来の自分が出せなかったりする方も多いはず。フランクな場であるカジュアル面談でざっくばらんに話せば、候補者の本来の正確や志向性が見えやすくなり、より相手を深く知ることが可能です。素に近い表情を見ることで自社へのフィット具合を確認できます。

カジュアル面談のメリット:候補者側 

候補者側がカジュアル面談をするメリットは、下記の2つです。

(1)リラックスした状態で臨める

普通の面接よりも対等な立場で臨めるため、いろいろ質問しやすいというのがメリットです。普通の面接の場合は自分がアピールする場となることが多いが、カジュアル面談では質問時間も企業側の紹介時間も多いため、企業の情報をを詳細に知る機会となるのは入社後のギャップが生まれにくくなるメリットといえるでしょう。

(2)たくさんの企業を知れる

面接を受ける企業数はある程度限られてくるが、カジュアル面談であれば志望度合いが低くても参加できるため、普通の面接よりも多くの企業に触れる機会を増やせる点がメリットとなるでしょう。

カジュアル面談で聞くべきこと・場の活かし方とは?

ではここからカジュアル面談で聞くべきこと、場の活かし方をご紹介します。

カジュアル面談で聞くべきこと 

カジュアル面談で企業側が聞くべきことを、6つに分けてご紹介します。

(1)経歴

候補者の経歴はこれまでに行ってきたことが自社で活かせるかどうかにも関わるため非常に重要です。また、その人自身の興味の方向性や人となりもある程度知れるため、経験した仕事で感じたことや工夫したことも聞いておくといいでしょう

(2) 実績、スキル

実績・スキルは普通のレベルと比較して候補者がどの程度進んだレベルなのかなど、数値で明確に把握できるように聞きましょう。実際に入社したときに役立つため、ヒアリング必須です。

(3)キャリア志向性

自社としては管理職候補者が欲しいけれど、候補者にはその志向性がない場合はミスマッチになることもあります。求めているキャリアが違えば離職の原因になるため、この段階で聞いておきましょう。

(4)事業への共感度

会社説明、こんな能力を活かせると伝えた後に、事業への共感度が高いかどうかは確認すべきです。事業への共感度が高くなければ優秀な人材を採用しても、パフォーマンスや定着に悪影響があるからです。

(5)条件面

候補者が希望する給与額や、待遇・条件面をこの時点でヒアリングしておき、どこまで自社が応えられそうかという点を検討するためにも現時点の条件をヒアリングしておきましょう。調整にも役立ちます。

(6)候補者からの質問

逆質問の時間も、しっかり設けておくことが重要です。会社説明の時間で十分話したと思っていても、候補者が本当に聞きたいことをカバーできているかはわからないからです。候補者は不明点があったからこそ、カジュアル面談を申し出ているはず。この時間を使ってしっかりフォローしてあげましょう。また、質問内容で志望度合いも推し量ることができます。

ここで多く聞かれる質問があれば、普段の会社説明会や、カジュアル面談でトーク内容に加えてもいいかもしれません。

場の活かし方

カジュアル面談の場を活かすには、下記2点を活かすのがおすすめです。

会社説明・自社の魅力をアピールする時間をしっかり設ける

カジュアル面談の良いポイントは双方向性があること。そのため、一方的に候補者の話を聞くのではなく、事業内容やビジョン等をより詳しく伝える意識が必要です。求人情報だけでは分かりづらい、会社の雰囲気や、カルチャー、一緒に働く人の雰囲気等が伝えられると候補者にとって有益です。自社内で採用に携わる人にもトークの内容や、候補者の正確に応じた魅力付けの戦略などを周知徹底しておくとうまく場を活かすことができるでしょう。

カジュアルさのメリットを活かす場づくりを

カジュアルな雰囲気は普通の面接と変わらない面接ブースなどで行うと、失われてしまいがちです。カジュアルさを演出するためにも、書類を持ってこさせない・カジュアルな格好で来てもらう・飲食スペースで行うなど、カジュアルさを失わずに面談できる工夫が重要です。

以上のポイントに気をつけながらカジュアル面談を行えば、候補者が感じてしまいがちなギャップも生み出さず、メリットを最大限に活かしたカジュアル面談ができるはずです。

応募を集めて、選考・面接を行うカテゴリの最新記事