開封率アップ!読まれるスカウトメールの件名の書き方

開封率アップ!読まれるスカウトメールの件名の書き方

売り手市場の採用市場では、スカウトメールの利用が主流となってきました。
一方、スカウト媒体の導入企業数が増えたことにより、競争率が高まりつつあります。スカウトメールが求職者に見られるか、が大きなポイントになってきます。今回は、開封率をあげるスカウトメールの件名について紹介します。

件名が重要な理由

売り手市場の影響もあり、最近は企業から求職者へのダイレクトアプローチが主流です。
この背景から多くのスカウト媒体が増え、転職活動を行う求職者は、当たり前のようにスカウト媒体に登録するようになりました。

求職者は、転職活動にあたって少なくとも2つ以上の媒体を利用しているケースが多いです。そのぶん、求職者は毎日たくさんのスカウトメールを受け取ることになります。
また、移動時間など隙間時間に転職活動をする人も多いことから、いかにスカウトメールを開封させるかが大事なポイントとなってきました。

求職者は「テンプレート感」「 自動メール感 」のあるメールには反応しない

転職活動中の求職者の多くが日々複数件スカウトメールを受け取っていることから、自分にとってより魅力的だと思えるオファーにしか反応しなくなりつつあります。

毎日送られてくる大量のオファーに辟易としている求職者からすれば、テンプレートを使いまわしたようなものや、自動で配信されているように見える当たり障りのないスカウトメールは魅力的とは言えず、開封すらしてもらえないことがほとんど。

自社がほしいと思える人材であればあるほど、他社にとっても魅力的なので受け取るオファーも多くなります。そのため、他社と差別化させるための工夫がより求められます。

開封率アップの件名とは

では、実際にどのような件名が開かれるものなのでしょうか。いくつか成功例を含めた具体例を紹介していきます。

「経歴を見た」と書く

スカウトのポイントとしては、「自分だけに送られたメールである」と感じさせることが重要です。
大量に送られてくる自動メールへの反応率は低いので、自分宛のメッセージであることがよく伝わることがポイントとなります。

「あなたの●●と言う経歴を拝見しました」「●●の経験を積まれているのですね」「〇〇の経験をお持ちのあなたにだけ」など、自分だけに送られた感を演出しましょう。
サービスに登録している経歴書を見てスカウトメールを送ったことが、一発でわかる件名にすると、開封率が上がります。

名前を記載する

もし可能なのであれば、個人名を入れるのも効果的でしょう。名前を入れることで、自動送信のような印象を大幅に和らげることができ、「自分宛のメールだ」と求職者が感じやすくなります。
一方、会員IDや記号だと、逆にシステマチックな印象を与えてしまいます。この場合は記載を避けるようにした方が良いでしょう。

キャリアアップ訴求

キャリアを積みたいと考える求職者をターゲットとする場合のスカウトは、「●●の経験が積めます」など、仕事を通じて得られるスキルをタイトルに明記しましょう。
最近の求職者は、1社で勤め上げるよりもスキルアップをしながら働く場所を変えていく必要性を感じています。
社名の有名度ではなく、得られる経験やスキルを訴求することで、見られるスカウトメールにすることができます。

給与面でアピール

「今回の転職では、年収をあげたい」という軸で転職活動を行う人も多くいます。
このような志向性を持つターゲットを狙っていく場合、「年収●●円、目指せます」「前職給与以上をお約束します」など、具体的な年収記載を行うのが効果的。
手取り金額、インセンティブなどの金額を明示することで、年収アップの意図で転職活動を行う求職者にはストレートにアピールができます。

待遇、働きやすさをアピール

ワークライフバランスを整えたい、と考えている求職者に向けて訴求していく場合、「有給消化率X%以上!」「年間休日XX日、残業は月▲▲時間以下」など、具体的な数値を入れての件名が効果的です。
また、フレックス制度やリモート勤務もOKな場合は、魅力の一つとして打ち出しましょう。

会社の規模感、安定感

安定した会社や成長中の企業で働きたい、と考えている求職者も多くいます。
またそれらをアピールポイントとして活用したい場合、「東証一部上場企業」「前年度●%で利益上昇中」など、安定的な実績や業績を明記しましょう。
そうすることで、求職者の不安を払拭し、スカウト開封率をあげることができます。

悪いスカウトメールとは

不特定多数に送っているようにみえたり、テンプレート的な内容は、ターゲティングが十分ではなく、効果的なスカウトとは言えません。
「経歴を拝見し、現在募集している●●のポジションにマッチしているのではと思い、スカウトを送りました」などが例です。
一見悪くないように見えますが、最近のスカウト媒体の数を考えると、テンプレートっぽさが全面に出てしまっています。
1つのポイントだけでもカスタマイズし、全員に同じテンプレートを送り続けるのは避けましょう。

まとめ

開封率が高まるスカウト件名を紹介しました。スカウトは、まずは読んでもらわないと意味がありません。
1人1人にカスタマイズをするのは大変ですが、ターゲット別のポイントを抑えるだけで、「テンプレート感」や「自動メール感」を排除し、読まれるメールを目指してみてください。

応募を集めて、選考・面接を行うカテゴリの最新記事