自社採用サイトを持つ企業は、なぜ増えているのか?

自社採用サイトを持つ企業は、なぜ増えているのか?

多くの求職者は、求人サイトで目にして興味をもった企業について、その企業の公式サイトでさらに詳しい情報を集めようとします。欲しい人材を自社で獲得し、他社に流れてしまわないようにするためには、自社採用サイトでいかに会社の魅力をアピールできるかが重要です。ここでは自社採用サイトのメリットと、どのようなコンテンツを設けるべきかを解説します。

自社採用サイト増加の背景

人材を獲得するためには、求職者からのアプローチを待つだけでなく、興味をもってくれた求職者に対して積極的に情報を発信していく必要があります。そのための有効な手段が自社採用サイトです。多くの求職者は求人サイトで興味をもった企業について、その企業の公式サイトでさらに詳しい情報を手にいれようとします。

せっかく公式サイトに訪問しても、求人票程度の情報しか掲載されていないと、その企業への関心は訪問前より高まることはありません。しかし、自社採用サイトに、より詳細な情報が記されていれば、求職者はその企業をよく知り、身近に感じられるようになります。自社採用サイトを設けることによって、入社意欲を高めてもらうことができるのです。

レイアウトが自由自在

求人情報サイトは、多数の企業が一定のレイアウトで待遇や募集要項を記しており、求職者が多くの企業の情報を効率よく集められるというメリットがあります。しかし、反面で企業から発信できる情報が画一的になりがちであり、企業の魅力を充分に伝えられないというデメリットもあります。

自社採用サイトを立ち上げた場合は、ページのレイアウトを自由に決められるうえ、ページ数や情報量にも制限がありません。情報を必要とする求職者に思うままに自社の魅力をPRできます。

多彩なメディアを使用可能

求人サイトでは使いづらい動画や豊富な写真なども自社採用サイトでは自由に利用できます。会社の社風や魅力、社員に求めたい能力など、求職者が欲しい情報、企業が提供したい情報を、制約なく伝えられます。また、入社したあとの業務内容をより想像しやすくすることによって、入社後の離職率を低減する効果も期待できます。

費用対効果が高い

自社採用サイトを立ち上げる際には初期費用が必要になります。しかし、求人サイトや検索エンジンを通して訪問してくれた求職者は、すでに自社に興味をもってくれている人材です。そうした求職者に対して深い情報を提供していければより効果的に入社意欲を高めることができるため、自社採用サイトの費用対効果は高いといえます。

自社採用サイトを構築するには?

ここでは自社採用サイトを構築するために必要なコンテンツについて解説します。入り口である求人サイトと、自社採用サイトとでは担うべき役割が違います。

どんなコンテンツが必要か?

会社の事業内容や経営理念などを詳しく説明するページはもちろん必要です。そのほか、入社した後の仕事内容や働き方が想像できるようにするコンテンツを整備しておきましょう。

福利厚生・待遇

給与や昇給制度に関する説明はもちろん必要ですが、近年は休日日数や福利厚生などを重視して企業を選ぶ求職者も多くなっています。ユニークな福利厚生制度を導入している場合は前面に打ち出しすことができますが、そうでないからといってこの項目をおざなりにしてはいけません。自社にとっては「当たり前」と思っている制度も、求職者からしてみれば魅力の一つとなる可能性もあります。

また、社会保険や有給休暇等、完備していて当然だからと言って記載がされていなかった場合、求職者に不安を与えることになります。福利厚生・待遇は余すことなく全て記載することを心がけましょう。
余力があれば有休消化率や、産休の取得率など、「制度自体が実際に使われているか」、「形骸化していないか」までオープンにできるとより良いでしょう。

業務内容

業務内容を一切知らない他部署の人が見て、実際に働くイメージが掴みやすいかを意識してコンテンツを作成すると良いでしょう。
写真や動画、社員のインタビュー記事など、自社の雰囲気がより分かりやすく伝えられるように工夫することがポイントとなります。

入社後の仕事内容を明確にイメージできるようにすると、求職者の不安を払拭しやすくなって入社意欲を高められます。また、入社後の希望とのミスマッチによる早期離職の可能性を低減させられます。

Q&A

事業内容や待遇などについて、「よく分からない企業」として敬遠されてしまうことは避けなければなりません。企業説明会などでよく尋ねられる質問があれば、あらかじめ情報発信しておき、多くの人が疑問に思うことにはあらかじめ答えておくべきです。

どの程度の予算が必要か?

自社採用サイトの作成は、一般的にはサイト制作会社に依頼します。制作費用は、制作会社の規模やコンテンツの内容により10万円から100万円を越える場合までさまざまです。

採用サイト構築サービスを利用すれば自社でサイトを作成することも可能であり、その場合、費用は0円から10万円程度と安価に抑えられます。ただし、月額料金が必要な採用サイト構築サービスや、契約が続いている間のみサイトが表示されるという形式である場合もあります。

まとめ

求職者に対して自社の魅力をアピールするために、自社採用サイトは大きな武器になります。自社採用サイトに企業の理念や事業内容、待遇などの詳細な情報を記載しておけば、求職者がその企業について深く知ることができます。その結果、求職者に自社をより身近に感じてもらうことができ、入社意欲を高めてもらうことができるでしょう。

他社に先駆けて優秀な人材を獲得していくためには、入り口としての求人情報サイトを活用するとともに、興味をもってくれた人材に対して自社採用サイトでより詳しい情報を伝えていく努力が必要です。

採用手法を考えるカテゴリの最新記事