新卒採用と中途採用の違いとは?特徴を知って使い分けるために

新卒採用と中途採用の違いとは?特徴を知って使い分けるために

企業が人材を確保する手法には、大きく分けて「新卒採用」と「中途採用」の2つがあります。
今回は「新卒採用」と「中途採用」の違いとそれぞれのメリット・デメリット、使い分け方について解説いたします。

新卒採用と中途採用の違い

新卒採用とは

大学や大学院、短期大学、専門学校などの学校を卒業してから働く人たちを一括で採用するのが「新卒採用」です。ほとんどの場合、就労経験がなく初めて社会人として働くことになります。一般的には学校の卒業に合わせて4月に入社するため「定期採用」とも呼ばれています。

中途採用とは

過去に一社以上で就業経験がある人を採用するのが「中途採用」です。応募期間や入社日は一定ではなく、企業が人材を必要とする時期に採用募集をおこないます。

新卒採用メリットとデメリット

「新卒採用」は、社会人経験がないため即戦力としてのスキルを求めることはできません。それよりも、これからの伸びしろに重点を置き、自社に貢献できる人材かどうかを幅広い視点で総合的に判断して採用します。 

新卒採用のメリット

教育や研修を一度にできるため効率的

「新卒採用」は定期的に行われる採用のため、決められた時期に入社してきます。そのため新入社員教育や研修を一度に実施することが出来るので効率的です。
全国各地で採用した新卒の社員を一斉に集めて研修を行える点から、特に広範囲で採用を行っている企業にとってはメリットが大きくなります。

組織の活性化、企業の成長を見込める

「新卒採用」により年齢の若い社員が入ることで、組織の活性化が見込めます。今まで教えてもらう立場だった若手社員も後輩ができて、後輩に仕事を教えることで自身も成長をすることができます。

新卒採用のデメリット

採用から入社まで時間がかかる

「新卒採用」は、エントリーシート受付や会社説明会からスタートして採用試験、内定者フォロー、入社までと1年以上の長い時間と多くの業務が必要となります。

戦力になるまで時間がかかる

「中途採用」との大きな違いは即戦力となるかどうかです、「新卒採用」の場合には研修期間を経て戦力として期待できるのは2~3年後です。

中途採用のメリットとデメリット

中途採用のメリット

即戦力として期待できる

「中途採用」の最大のメリットは、即戦力として期待できるという点です。また、一般的には職種別に採用することが多く、その職種に必要なスキル、資格、マネジメントの経験などを持った人材を募集することができます。

教育や研修にかかる費用を削減することができる

「中途採用」では、社会人として一般的に必要な常識やマナーは備わっているため、その部分における教育や研修にかかるコストを削減することができます。また同業種からの転職の場合には、業界のことについての知識もあるため事業研修においてもコストを抑えることができます。

自社にはない知識やノウハウを取り入れることができる

同業他社で活躍していた人材を獲得できれば、自社にはない知識やノウハウを取り込むことができます。また、中途採用者がこれまで築いてきた取引先や人脈も獲得できる場合もあります。

中途採用のデメリット

定着しない場合も考えられる

これまでも何度か転職を繰り返している人の場合、採用しても何年かで転職してしまう可能性があります。採用時には、本人のキャリアビジョンを十分に確認する必要があります。

自分のやり方の固執して、自社に馴染めない場合も

「新卒採用」では、一から自社の風土や文化を教育できるのに対して、「中途採用」ではこれまでの経験により自社のやり方に馴染めないケースがあります。元の社風ややり方にこだわらない柔軟性のある人材を採用することが大切です。

新卒採用と中途採用のポイント

新卒採用のポイント

「新卒採用」では、社会人経験がないため「熱意」や「成長性」「人柄」を重視したポテンシャル採用がポイントです。「入社意欲や成長意欲がどの程度あるか」や「仕事への適性があり、長期的に自社で活躍してくれる人材かどうか」などを基準に選考します。
「新卒採用」は、定期採用であり戦力として期待できるまでに数年が必要なため、採用計画は入社後の教育計画と合わせて長期的に立案する必要があります。

中途採用のポイント

最近は、企業に競争力やスピードが求められています。「新卒採用」だけでは事業領域の拡大やグローバル化へのスピーディーな対応が難しい場合があります。定期的な「新卒採用」と合わせて「中途採用」も戦略的に取り入れることが重要です。

まとめ

近年は、少子高齢化による労働人口減少傾向と景気回復傾向により、新卒就職市場は売り手市場になって人材確保が難しくなっています。特に中小企業やベンチャー企業は、採用活動において苦戦が予想されます。新卒採用と合わせて中途採用も、年間の採用計画の中にしっかりと組み込んで採用活動を行うことが重要です。

人事準備・採用計画を立てるカテゴリの最新記事