広告掲載を効率的に!求人広告のテンプレート

広告掲載を効率的に!求人広告のテンプレート

求人作成を一から始めるのは、かなりの時間がかかります。
会社紹介や仕事の内容、社風や福利厚生など、書くべき項目はたくさんあります。どうすればいい求人が書けるのか、頭を悩ませている採用担当者も少なくないことでしょう。
効率的に求人掲載をするために、求人広告のテンプレートを紹介していきます。

求人広告の書き方

まずは、求人広告の書き方、ポイントについて紹介していきます。闇雲に書くのではなく、ポイントを押さえて効率的に構成するのが重要です。

ターゲットを決める

求人作成において、最も重要な作業です。
募集ポジションにはどんな人材に応募して欲しいのかを明確にしましょう。
職種はもちろん、年齢、経験値、どんな会社で働いているのか、働くスタンス(ベンチャー気質か大企業気質か)、何を考えて転職活動をしているのかなどを決定します。この工程は、ペルソナ決めとも呼ばれます。
求人広告を書く際は、まず誰に伝える広告かを明確にしましょう。

訴求ポイントを決める

上記で決めたターゲットに向けて、何を伝えたいのかを決めます。
ワークライフバランスを整えたい求職者向けなのか、成長したい求職者なのか、事業の面白みを伝えるのか、など。求職者がどんなことを考えているのか、それにマッチする魅力は何なのかを考えていく必要があります。
あれもこれもと欲張らず、ターゲットにあった訴求ポイントを絞るのがポイントです。

求人内容にストーリー性をもたせる

情報量の多い求人広告。より読みやすくするために、箇条書きにしたくなるかもしれませんが、求人広告においては逆効果です。
求人広告の目的は、情報を伝えることよりも「ここで働いてみたい」と感じてもらい、応募してもらうこと。どんな背景で会社が生まれ、ミッションや存在意義は何か、どんな思いを持って働いている人がいるのか、などストーリーを感じる求人であることが必要です。

最近では、待遇だけではなく、働く仲間ややっている事業の社会性や意義を重要視する求職者も多いのも、これらの求人が求められる特徴と言えます。

求人テンプレート

実際にテンプレート事例を紹介していきます。

20代〜第二新卒を含む、営業職の求人の場合

『モノ売りではなく、お客様の課題を本質的に解決したいあなたへ』

自分がサービスや製品を販売したお客様が、
その後無事に課題解決ができたのか、気になったことはありませんか。
できれば、その過程もサポートしたいという気持ちはないでしょうか。

商品を売ったらそれで終わり、という営業スタイルの時代はもう終わりました。
これからの時代は、「お客様が買った製品をいかに使い続けてもらうか」がポイントになってきます。

今回募集しているコンサルティング営業職は、
売り上げだけでなく、お客様の課題解決を徹底的にサポートするポジションです。
売り上げよりも、サービス導入をしたお客様が、
どのくらい売り上げを伸ばせたか、という数値があなたの目標値になります。

そのためには、ビジネススキルや提案力も、常に磨き続けなければなりません
もちろん、お客様と徹底的に向き合い、話していくことが大切になります。
あなたのキャリアにおいて、
若い時期に仕事に向き合い、提案力を高めることは、大きなアドバンテージになるでしょう。
本質的な課題解決能力を高めながら、
「売ったら終わり」ではない新しい営業としてのキャリアを手に入れませんか。

新規事業のPMを務めるWebディレクター求人の場合

『自社サービス開発に携わりたいあなたへ』

受託からは卒業して、自分の裁量でサービスを作りたいと考えてはいないでしょうか。
そうお考えの方に、ぜひ弊社に参画いただきたいと思っています。

私たちは●●の課題を解決すべく、●●というwebプロダクトを提供している会社です。
全て自社開発を行っており、現場の声と顧客からのフィードバックを元に、
日々サービスを磨いています。

現在、プロダクトの機能拡大を大幅に行っています。
それに伴い、新たにPMとして新機能開発から実装までをお任せできる方を探しています。

弊社の開発スタイルは、「顧客が欲しいと思うものを作る」こと。
こうなったら便利だよね、という声を吸い上げて、機能に落とし込んでいます。
「作って意味があるのかな」と感じることは、ほとんどないでしょう。

ビジネスサイド、プロダクトサイド、そして顧客からの声を吸い上げ、
自分の力でプロダクトを強くしていきたいという思いがあれば、ぜひご応募ください。

まとめ

「誰に、何を伝える」というポイントを絞ること。これが求人広告作成のファーストステップです。
ある程度の慣れが必要ですが、日々求人のメンテナンスを行いながら、効率よく制作を進めてみてください。
テンプレート例も参考にしながら、他社さんの求人もチェックすると、特徴が見えてきますよ。参考にしてみてください。

求人広告を作成するカテゴリの最新記事