面接は見極めの場だけではない?入社意向を高めるには

面接は見極めの場だけではない?入社意向を高めるには

人材不足、労働人口の減少によって、求職者と採用したい企業のバランスが崩れています。現在は、求職者の数が少なく、企業が取り合いになっている状態の採用市場。

このバランスを考えると、面接は求職者をふるい落す場ではなく、「この会社に入りたい」と思われる機会に魅力づけすることが重要です。この記事では、入社意向を高めるための面接の方法を解説していきます。

最近の面接の傾向

人材不足、労働人口の減少によって、企業が人材を採用することが年々難しくなってきています。
有効求人倍率が上がり、求職者は入る会社を選べる状態。

面接は企業側だけでなく、求職者にとっても、自分の希望条件にマッチするか判断する見極めの場です。求職者が「会社に入れてください」と面接でアピールする時代は終わり、企業が「ぜひうちに入ってください」とアピールする時代へと変わりました。

現在、そのアピールの場所になっているのが、これまで見極めの場とされてきた「面接」の場です。

面接で上手に自社アピールができることこそが、採用成功に繋がるポイントになってきているのです。

面接の目的とは

改めて面接の役割と目的を解説していきます。
役割を理解することで、良い面接の設計ができますよ。

候補者を見極める

スキル、経歴、人格が求める条件とマッチしているかを見極めるものです。これまでは面接といえば、この見極めの役割だけがメインでした。

自社の魅力づけをする

面接は、求職者のことを知るだけの場ではありません。

一方的に自社の情報を伝えるだけでは、求職者側の不安を解消できず、入社意欲をあげることはできません。仮に入社したとしても、ミスマッチに繋がってしまうのです。

求人だけでは伝えきれない、自社独自の魅力を話す場として、面接を活用しましょう。

候補者は数社の選考を同時に進めており、複数内定を獲得することもよくあります。その中でも「この会社で働きたい」と思われるような面接の時間にすることが、見極めよりも重要度が高いのです。

疑問点を解消する

書類選考時や数回の面接で、候補者に対して「もっとここが聞きたい」ということがあるはずです。

面接は、それを直接質問し、入社してもらうに当たっての懸念点を解消していく場。候補者にとっても同様で、会社について聞いてみたかったことや自分が望む働き方ができるかを質問する場所です。

双方が、疑問がクリアになった状態で面接を終えるのが理想的と言えるでしょう。

良い面接とは

では、どのような構成の面接を行えばいいのでしょうか。
ここではその具体例を上げていきます。

見極めのポイントとは

面接で忘れてはならないのが、見極め。それにはある程度の経験とテクニックが求められます。

ポイントとしては、原体験を追求していくことにあります。

「粘り強く努力して結果が出せるようになった」というのは簡単ですが、何がその人をそうさせるのか、を探っていくことが重要です。1時間の面接のうち、20分〜30分くらいが妥当でしょう。

志望度を上げてもらうには

ある程度見極めが終わったら、志望度を上げてもらうための口説きが必要になります。その人がどうなりたいのか、をまずは深掘りしていきましょう。キャリアや人間性、成し遂げたいことなどなんでも良いでしょう。

そこから、自社でどのような経験を積めばそれが達成できるのか、達成するために、自社にどんな環境が揃っているのか、作ることができるのかを語っていきます。

口説きがメインの面接は、ここに時間をかけていくのが良いでしょう。30分以上時間をかけて話すことで、相手も話に熱が入り「自分の話をよく聞いてくれる」と感じますよ。

まとめ

最近の面接傾向を紹介しました。適度に見極めをしつつ、しっかりと意向を上げていかなければ、採用が難しい現在です。
見極めから口説きまでは、1度の面接で完璧にこなすのは難しいので、複数回に分けたり、得意な面接官をアサインしたりできますよ。ぜひ参考にしてみてください。

応募を集めて、選考・面接を行うカテゴリの最新記事