業務委託?正社員?クリエイター採用にマッチする雇用形態とは

業務委託?正社員?クリエイター採用にマッチする雇用形態とは

クリエイター採用には、他の職種に比べて雇用形態が数種類存在します。
営業職や一般職とは異なり、自分のペースで働きたいと考える人の割合も高いのです。
また、PCとWiFiさえあれば仕事ができるので、柔軟な働き方が可能です。この特性を活かし、雇用形態を分けることによって、企業にとって採用メリットを生むことができます。
この記事では、クリエイター採用にマッチする雇用形態を紹介していきます。

どんな雇用形態がある?

そもそも、雇用形態にはどんな種類があるのでしょうか。
種類によって、かかるコスト感なども異なってきます。
まずは種類を正しく把握しておきましょう。

正社員

労働契約に期間の定めがない、一般社員とジャンル分けされる雇用形態です。
会社員、というとこの雇用形態がほとんどでしょう。
就業規則に明記されている所定労働時間がフルタイムとなります。
また、直接雇用であることも特徴の一つ。 社会保険や福利厚生などが授与対象となります。

非正規社員

正社員以外の雇用形態の全てをさします。
契約社員、嘱託社員、パート、アルバイト、業務委託、など所定労働時間が定められておらず、時短勤務なども可能な働き方です。

契約期間が定まっていたり、逆に退職を申し入れるまで正社員同様働くケースなどもあるのがこの雇用形態。直接雇用の場合もあれば、間接雇用の場合もあり、従業員の希望する働き方と契約内容に合わせることが多くあります。

一方、社会保険には加入できなかったり、福利厚生が対象外だったりと、保険をかけてもらえるかという面では、あまり享受できない雇用形態でもあります。

雇用形態ごとのメリット

雇用形態ごとに分けて、クリエイターを採用するメリットにはどんなものがあるのでしょうか。
それぞれのメリットを紹介していきます。  

アルバイト

人件費を抑えて、スポット的に活躍してもらいたい場合に有効です。
時給で働き、シフト制で勤務するスタイルの雇用形態です。
企業にとって、人件費を抑えて採用したい場合は、アルバイトで採用するのが良いでしょう。

時給単価で働いていると、時短であることが多い傾向にあります。
給与計算をすると、正社員を雇うよりも単価を抑えることができるでしょう。
ある程度スキルが足りていなくても、育成しながら働いてもらうことが可能となります。

契約社員

繁忙期やプロジェクトが走っている間など、一定の期間に活躍してもらいたい場合、契約の期間が定められている契約社員が有効です。雇入れのタイミングで雇用契約書の期間を限定すれば、期間を定めることができ、必要であれば契約更新をすることもできます。

稼働時期が決まっているプロジェクトや一時的に雇入れたい場合などに、柔軟に採用することができるのが特徴。 どうしても社内でのリソースが足りない時に、得意分野を持っている人材を見つけて依頼をだす、という企業も多いようです。

また、労働時間も決まっているため、残業などはほぼ出来ません。その分、人的コストは発生しないのです。
「もう少し在籍してほしい」と思ったら、本人の合意があれば契約更新をすることもできるので、かなり柔軟な雇用ができます。  

正社員

プロジェクトにフルコミットしてもらうには、最適な雇用形態です。
リリースなどが近づいているものなどは、責任のある正社員に任せるのが安心でしょう。

また、未経験でも、育成することができ、会社に対して忠誠心を持ってもらうこともできます。 長期的にコミットする契約の分、福利厚生や給与面、保険など基本的な労務管理などに、細かに気を配ることが必要です。

また、人材育成の側面も取り入れ、多くの経験値を積ませる環境を整えることが重要になるでしょう。
クリエイターは、現在、大変な売り手市場。正しく評価しなければ、簡単に外部に流出してしまいます。  

業務委託

自社ではまかないきれない、プロジェクトや制作物を委託する契約での雇用形態です。
任せる範囲や、納期などの期間での契約を結び、クオリティにコミットしてもらう形式です。
急な案件が発生した際や、どうしても社内リソースでは対応できない場合に検討する企業が多いようです。

業務委託を請け負っているのは、独立して生計を立てられるクリエイター達が多い傾向にあります。
ハイレベルなエンジニア、デザイナーが多いのも特徴です。
また、遅延や期待に沿わない成果物がきた場合は、ペナルティなどを課すことができるので、制作物にある程度のクオリティを求める場合は、手軽で依頼しやすいでしょう。

社内ルールに縛られず、比較的自由な働き方のできるフリーランスは、非常に人気の高い傾向があります。 長期的な目線での採用においても、正社員採用が難航している場合などは、業務委託での採用も検討すると人材獲得がかなり楽になるでしょう。

まとめ

雇用形態別の採用メリットを紹介しました。
給与面や育成面、クリエイターが働きやすい方法などを雇用形態の側面から実現することができます。
クリエイターは、縛られずに働きたいと考える人が多い傾向にあります。
市場に人材が少ないクリエイターを上手に獲得するためにも、柔軟な働き方を提示してみてください。

採用手法を考えるカテゴリの最新記事