求人広告の書き方でこれだけは気を付けたい3つのポイント!

求人広告の書き方でこれだけは気を付けたい3つのポイント!

初めて求人広告を作ることになった時、たくさん埋めるべき欄があって困りますよね。
たくさんの情報量を盛り込まなければいけない求人広告。だからと言って、情報を全て書き込むのは効果的な求人広告を作る上では誤った方法です。
求人広告の書き方で、これだけは気を付けたいポイントをまとめました。

求人広告を作成する時にやりがちなこと

まずは求人広告を作成する際、やりがちな失敗を紹介していきます。よく見かけますが、やってはいけないポイントです。  

会社情報をたくさん載せる

たしかに求人広告は、情報が多ければ求職者に与えられる情報が多いものです。
しかし、情報量が多い=良い求人、ではありません。
求人広告は、「誰に、何を伝えるか」が最も重要なのです。ひたすらに情報がたくさん載っている求人は、「結局この仕事/会社は何が強みなんだろう?」と思われてしまいます。

仕事内容が簡素

求人広告を作成担当するが人事の場合、各部署の具体的な仕事を書くのは難しいかもしれません。
だからと言って、箇条書きで仕事内容を簡素にまとめるのはNGです。

応募する側にとっては、仕事イメージが湧かずに「この仕事をしたい」と思いにくくなってしまうのです。「分かりやすくなるように」という意図もあるようですが、その場合は必ず補足を入れましょう。

1日の流れややりがいなどを一緒に記載することで、求職者は働くイメージを具体的に持つことができます。どうしても難しい場合は、現場の担当者に執筆や仕事のやりがいなどをヒアリングしてみましょう。

汎用的な求人広告を作る

最近の求人広告は、インターネット上で求人広告を掲載するのがメインです。
インターネットには「ターゲッティング」という特徴があることを意識しておきましょう。

これは、ターゲットの年齢・性別・職種・タイプなどを分析して、それぞれに合う広告をだすこと。ターゲティングすることで、より精度の高い広告にすることができるのです。

実は、この特徴は求人広告も同様です。過去の検索履歴/閲覧履歴を元に、「おすすめの求人」を出してくれる求人サイトがほとんどです。
この特徴を意識せず、誰がみても当たり障りのない求人を作ってしまうと、「自分のための求人」と感じられないため、母集団形成は難しくなってしまうのです。

求人広告を作成する上で気をつけたい3つのこと

求人広告を作成する上で、最低限気をつけたい3つのことをまとめました。
求人作成を任された際に、チェック項目として活用してみてください。

求人のターゲットが明確か

「誰に、何を伝えるか」が、求人作成においては非常に重要です。
どんな人物なのか、を細かく分析し、そこから求人をデザインしていくことがポイントになります。
まずは、求める人物がどんな人なのかを考えましょう。

年齢、性別、これまでどんな経験をしている人が理想的なのか、人物面はどんな人か?など、具体的な人物像を描きましょう。

もっと深掘りして、「なぜ転職を考えているのか」まで考えて求人を作ると、よりターゲッティングしやすくなります。

ターゲットに対して正しく魅力が伝わっているか

求人ターゲットを決めたら、「何を伝えるか」を決めましょう。
例えば「若手営業」ということであれば、「売ったら終わり、ではなくお客様の課題を解決するまでのお付き合い」などを書くことにより、顧客との長期的な関係や課題解決のためのサービスと訴求することができます。

ワークライフバランスや仕事での成長など、転職を考えている人が考えていることと、自社が提供できる環境をセットで考えるのが効率が良いです。
EVPと呼ばれる、「企業が従業員へ提供できる価値」も見直してみましょう。

具体的な仕事内容が書かれているか

仕事内容は細かく詳細を書くことが重要です。なぜなら、求職者に働くイメージを持ってもらう必要があるのです。
求職者は、転職活動の中で不安を感じることが多くあります。求人に書かれている情報だけで、応募するかを決めなければいけないからです。
箇条書きや情報の羅列だけだとそのイメージを持つのは難しく、「応募しよう」という気持ちにさせられません。詳しい情報を載せることで、安心して応募できるようにしてあげましょう。

まとめ

効果的な求人広告を作成する際のポイントをまとめました。書き方や書く内容に注意するだけで、母集団形成の効果が大幅に変わってきます。

汎用的な求人ではなく、「誰に何を伝えるか」を重視してみてください。また、ポイントを抑えると、効率的に作成することも可能です。ぜひ、応募を募れる求人を作ってみてください。

求人広告を作成するカテゴリの最新記事