企業の効果的なブランディング、PR方法とは

企業の効果的なブランディング、PR方法とは

会社のイメージやブランディングを行うには、広報とPRが必要不可欠です。
SNSや口コミの影響力が大きくなってきた最近では、この重要性に重きを置く企業も増えています。
では、どのようにPRすれば、効果的にアピールすることができるのでしょうか。効果的な会社のPR方法を解説していきます。

企業PRの必要性

最近、企業PRを重要視する企業が増えています。
なぜなら、企業イメージは様々なことに影響するからです。
「あの会社といえば●●だよね」と世間の人が思い浮かべるもの、それが企業イメージ。
だからこそ、ネガティブなイメージをつけられることは、事業において非常にマイナスに働いてしまうでしょう。

最近ではSNSの発展により、ネガティブイメージはより急速につきやすくなってしまう傾向にあります。逆に言うと、SNSなどを使ってうまくPRし続けることで、企業イメージをコントロールすることができるのです。

また、採用においてもPRは重要な役割を果たしています。
営業色の強いイメージを持たれてしまうと、「あの会社は営業が多くてキツそう、ブラックそう」というイメージがつきますし、反対に福利厚生や働きやすさを訴求すると「働きやすくていい会社だろうな」というイメージがつきます。

企業イメージ=採用イメージであることを、認識しておく必要があるでしょう。

効果的な企業PRとは

では、効果的な企業PRとはどのようなものがあるのでしょうか。
低コストながら、広報活動の効果的な作り方をご紹介します。

メディアでの露出を増やす

一般的には、テレビやラジオでのCM、雑誌などの広告メディアに出稿することがメインです。
PRと言って、これらをイメージすることが多いでしょう。広報活動会社に依頼を出すのが一般的です。
マス向けに広く訴求をすることができる一方、出稿にはかなりの金額がかかります。数十万〜数百万が相場でしょう。

また、どのくらいの効果があるのかを測るのは難しいのも事実。「広く認知してもらう」という効果はもっともある方法ですが、「広告をみた人の何割が商品を購入したのか」などの細かい分析は難しいでしょう。「売る」というより、「知ってもらう」に重きを置いたPRになります。

ターゲティングした広告

マス向けではなく、FacebookやInstagramなどで対象者をターゲティングし、広告を出す方法もあります。広告配信のターゲットを絞れるだけでなく、購買経路も測ることができ、費用対効果を確認することができるのが強みです。

最近の企業PRや製品PRは、FacebookやInstagramを使った、このやり方が主流になりつつあります。
企業そのもののイメージと言うより、製品を通して会社の考えなどを知ってもらうイメージです。

求人情報サイト票を活用する

採用広報の観点になりますが、求人サイトに票を出稿する際、求人広告票を使ってPRをすることができるのです。

例えば、欲しいターゲットに対して、どのような訴求をすれば興味を持ってもらえるのかを考えることも、ひとつのPR方法です。
営業色の強い訴求をしたいのであれば、年収面や人間的な成長などのワードを選出します。反対に、働きやすさや福利厚生の充実などを訴求したい場合は、柔らかい雰囲気の写真や、押しの強すぎないワードを選出していきます。

このように、求人票を見た時のイメージをコントロールすることで、採用市場においての会社のPRを行うことができるのです。

会社自体をPRするには

製品だけでなく、採用ブランディングのためのPRをすることもあります。
「この会社で働いてみたい」と思わせるPRのことを指します。この場合、応募数などをチェックすることが多いでしょう。
その場合、どのような方法が効果的なのでしょうか。

社内報を発信する

自社の取り組みを、企業ブログとして発信する方法です。福利厚生や中途入社してきた方の志望理由、どんな思いで働いているか、など社内のブログを、外にも発信するものです。
メルカリ社の「メルカン」が有名な人事ブログです。
企業のリアルな中身を覗けることで、働くイメージや社風がイメージしやすくなる効果があります。結果として、応募数の獲得や「働きやすい会社」のイメージを持ってもらうことができるのです。

企業ブログを発信する

前述の社内ブログに対し、製品に対しての考え方や、市場の動向などをまとめて発信する方法です。
業界の中でも先駆的な取り組みをしている場合などは、ぜひ発信したいもの。
社外秘はもちろん出すことができませんが、最近では情報をオープンにする方が、企業イメージが良くなる傾向にあります。

社長ブログを発信する

やはり会社の顔は社長。日頃の考えや、福利厚生の考え方、人材育成などの考え方などを発信すると、会社のことがよく見えてきます。
サイバーエージェント社、藤田社長の「渋谷で働く社長のブログ」は有名ですよね。
このように、代表自らが会社のことを語るのは、とても説得力があります。

まとめ

企業PRの効果的な方法についてまとめました。テレビなどマス向けの広告は、どうしても費用が高くなってしまいがちです。
低コストで抑えつつ、イメージを向上していくには、SNSやインターネットを活用した発信方法が良いでしょう。
企業イメージは、一朝一夕では変わりません。地道な努力の末に生まれるものです。ぜひ参考にしてみてください。

人事のお悩みカテゴリの最新記事