内定辞退も、対策次第で引き留めることが可能!

内定辞退も、対策次第で引き留めることが可能!

せっかく内定を出しても、内定辞退されてしまったらこれまでの努力は水の泡ですよね。
内定者には必ず入社してもらいたいものです。
もし、内定辞退を申し出されてしまったら、他社はどのような対策をしているのでしょうか。
この記事では、新卒、中途別に具体的な対策を紹介していきます。

内定辞退の原因

なぜ内定辞退は発生してしまうのでしょうか。まずは、その原因から知っておきましょう。

より魅力的だと思える企業に出会った

内定後に出会った企業が、自分のやりたいことにより近いと感じ、辞退してしまったバターンです。
これを引き止めるには、なかなか難易度が高いでしょう。転職はタイミングも重要です。
単にミスマッチとして、ある程度発生しうるケースとして認識しておきましょう。

条件や仕事内容が希望と合わない

内定時、条件を提示するも、希望と合わないと言われ、辞退されてしまうケースもあります。
特に条件面で発生することが多いでしょう。

内定者のフォロー不足だった

仕事内容や条件など、どうしても変えられないこともあります。
しかし、「他社の人事がとても親身になってキャリア相談に乗ってくれた」「レスが早く、スムーズなコミュニケーションができた」という理由で、他社に意思決定してしまうこともしばしばあります。

新卒採用の辞退引き止め

新卒採用において内定辞退を申し出られた時、どのように辞退を引き止めれば良いのでしょうか。
新卒採用は、中途採用と比べてリードタイムが短いため、長期でのフォローが必要になります。
その方法を解説していきます。

まずは辞退理由をヒアリング

なぜ辞退することを決めたのか、その理由を確認しましょう。
特に新卒の場合、働いた経験がないため軸がブレやすいものです。
無理に引き止めようとせず、「あなたにとってベストなファーストキャリアはうちかもしれないと思っている」と、まずは話を聞かせてもらいましょう。

キャリアの整理を一緒に行う

辞退理由を聞いたら、改めて、自己分析を一緒に行ってあげます。
「そもそも何がしたかったんだっけ?」
「どんなキャリアにしたいんだっけ?」を改めて考えさせましょう。
軸が整理できたら、できるだけ自社に入社する方が、最善のキャリアであることを促します。
また、キャリアアップや将来性の広がりなども合わせて話してあげるのが良いでしょう。

似た軸をもつ社員と面談させる

できれば、新卒入社した先輩社員で、候補者と似た考え、経験をしている社員を引き合わせます。
なぜこの会社を選んだのか、実際に入ってみてどんな経験をできているのかを話してもらいましょう。
面談で固い雰囲気になってしまう場合は、飲み会や食事に誘うのも一つの方法です。

リクルーターをつける

そもそも入社辞退をされないよう、1人の候補者につき1人の専任社員をリクルーターとしてつけましょう。可能であれば、最終面談の少し前から、専任リクルーターをつけるのが理想的です。
リクルーターは人事とは違い、学生の味方として寄り添ってあげる立場の先輩社員です。
自身の就活経験や、現場社員ならではの話を聞かせることで、働くイメージを持ちやすくなります。

中途採用の辞退引き止め

中途採用社員を引き止めるには、どのようにすれば良いのでしょうか。
新卒よりもリードタイムが短いため、短期戦が必要となります。

辞退理由を確認する

なぜ辞退を選んだのかを、改めて確認しましょう。
条件面、仕事内容、家族の都合など、いくつかのジャンルに分かれるかと思いますが、どれに当てはまるかをヒアリングします。

条件面の場合

条件面で断られた場合、競合に負けないようにアップするのはNGです。
「本当はここまであげられたんじゃないか」と思われてしまい、不信感に繋がってしまいます。
条件では勝てないが、長期的なキャリアとしては市場価値をあげることができる、
というキャリア訴求が必要となります。
口説きがうまい社員に面談に出てもらい、意向をあげ直してもらいましょう。  

家族の都合の場合

できる限り、要望に添いたいことを伝えます。
もちろん、難しいことはそうとはっきり伝えることも重要です。
似たような働き方をしている社員を紹介したり、
リモートワークやフレックスなどを活用してもらえることを改めて説明しましょう。
本人に「この会社で働きたい」という気持ちが見える場合は、できる限り要望に応えてあげようとすると、「自分のためにここまで頑張ってくれている」という姿勢を見せることができます。

まとめ

内定辞退を引き止める対策を紹介しました。
採用にはコストがかかるもの。せっかく獲得した内定は、確実に入社に繋げたいですよね。
内定辞退を防ぐには、発生してしまった時の対応策をある程度考えておくことが重要です。
いざとなった時に慌てないよう、参考にしてみてください。

人事準備・採用計画を立てるカテゴリの最新記事