第二新卒って?採用のメリットと獲得のコツを紹介

第二新卒って?採用のメリットと獲得のコツを紹介

採用するなら、この先も長く働いてくれる優秀な若手がいいというのは、
どんな企業でも同じなのではないでしょうか。
しかし新卒採用はお金も手間もかかりますし、中途採用で優秀な若手を採用するのも難易度が高いのが実情です。

そこで候補に挙がるのが、『第二新卒』です。
採用に関わっている方であれば聞いたことはあると思いますが、そもそも第二新卒とはどんな人材のことを指すのでしょうか。
そして第二新卒を採用することで企業にとってどんなメリットがあり、どうすれば採用できるでしょうか。

今回は第二新卒の活用をお考えの採用担当者の方に、第二新卒の定義や採用のポイントなどについて解説していきます。

第二新卒ってどんな人材を指すの?

『第二新卒』とは、大学を卒業して一度就職したものの、
数年後に退職して転職活動をしている人を指す用語です。
明確な定義が決められているわけではありませんが、
一般的には大卒後1~3年程度の人材が第二新卒層に含まれるようです。

大学を卒業後3年間で約32%が退職するという統計もあり、
実は毎年一定数以上の第二新卒者が転職市場に現れます。
年齢やスキルなどの面では新卒と第二新卒とでは大きく変わりませんが、
第二新卒にはどんな特徴があるのでしょうか。

ビジネスマナーや敬語が身に付いている

第二新卒は一度企業に就職しているので、
ビジネスマナーや敬語などの社会人としての常識が身に付いている方が多いといえます。

企業によって教育方法が違うため全員が完璧に身に付いているわけではありませんが、
新卒と比較すると圧倒的に社会人としての素養はあります。

どの程度身に付いているかは、
面接で前職での経験や教育内容についてを聞く中で見極めていくべきでしょう。

仕事への慣れが早い

企業での業務経験があるので、仕事について学ぶ姿勢や勘は新卒よりも身に付いているはずです。
入社後すぐに戦力化とまではいかないかもしれませんが、
新卒を採用して育てるよりも立ち上がりのスピードははやいでしょう。

第二新卒を採用することで、企業にどんなメリットがある?

実はここ最近、第二新卒の採用は注目を集めています。
これまで新卒と中途の採用が中心だった大手企業も第二新卒層に乗り出しているほどです。

その背景としては、少子化によって若手採用の難易度が上がっていることがあります。
年々学生は減り、企業は優秀な新卒を確保することが難しくなっています。
そんな中で新卒とほとんど同じポテンシャルの第二新卒には、必然的に注目が集まります。

では企業にとって第二新卒を採用することで、どんなメリットがあるのでしょうか。ここでは大きく2つのメリットをご紹介します。

教育コストを抑えられる

新卒と比べて第二新卒は、ビジネスマナーや敬語、仕事の心構えなど社会人になって最初に教えるべきことが、ある程度前職で指導されて身に付いています。

通常であれば入社後に社内研修を行ったり、現場の先輩がOJTで指導したりという手間やコストがかかりますが、第二新卒の場合はこれを大きく抑えることができます。

仕事への固定観念があまりない

採用担当の方であれば、中途入社者の受け入れにおいて、前職でのやり方に固執してしまったり、年下の上司からの指導を嫌がったりという課題に直面したこともあるのではないでしょうか。

社会人としての経験が長い中途入社の方と違い、第二新卒はほとんど企業の色に染まっておらず、自分ならではのやり方も固まっていません。
だからこそ良い意味で新卒のように、自社の色に染めることができるといえるでしょう。

第二新卒を採用するためのコツは?

第二新卒は一度企業を退社しているため、新卒とは採用におけるコツも違います。
この項目では、面接でのコツや注意すべきポイントなどについて解説します。

退職理由に耳を傾け、自社で解決できることを伝える

第二新卒の方たちは、入社から1~3年で会社を退職しています。決して長くないこの期間で退職しているということは、何かしらの明確な理由があるはずです。

例えば、「入社前に聞いていたより、残業が多かった」「自分が希望していた仕事に就けなかった」「社内の人間関係が悪かった」といった理由が考えられます。
こうした退職理由にきちんと耳を傾け、自社であればどんな風に解決できるかを提案してあげることが、第二新卒の方たちにとっての安心につながります。

例えば希望していた仕事に就けなかったことが転職理由であれば、自社に転職することで確実にその仕事ができると確約してあげることが効果的です。 

スキルや経験ではなくポテンシャルを見極める

第二新卒は中途入社と違い、スキルや経験についてはほぼほとんど無いと考えておきましょう。
新卒と同レベルくらいに想定しておくのがベターだと思います。

即戦力としての期待を持って採用してしまうと、企業側は期待外れの結果になり、入社した方にとってもプレッシャーを感じてしまい、お互いにとって良いことはありません。

あくまで第二新卒採用はポテンシャルを重視し、長い目で育成をしていくという姿勢が大切です。
フォローや育成に関しては新卒同様に手厚く整備してあげましょう。

転職へのハードルが低くなっている

注意しておくポイントとしては、第二新卒の方は会社を退職した経験があるということです。
転職を一度経験してしまうと、退職や転職へのハードルは下がってしまいます。
ゆえに「理想と違うことがあったから、もう一度転職しよう」という思考にもなってしまいがちです。

そうならないためにも、前職で感じていた不満については特に日頃からケアするように、人事や現場の上司・先輩が連携してフォローしていかなければなりません。

また向上心などについてもきちんと察知し、「この会社で実現できない」と思われないように仕事を任せたり、教育したりという姿勢が必要です。

まとめ

今回はここ最近注目が高まっている第二新卒の採用に関して解説しました。

新卒採用の難易度が高まっている昨今、第二新卒の需要は今後ますます高まっていくでしょう。
第二新卒は新卒と同じように迎え、長い目で育てていく姿勢が大切です。そのためには採用担当だけでなく、現場の上司や先輩との連携も求められます。

上手に採用・育成し、自社のコア人材として育成していきましょう。

採用手法を考えるカテゴリの最新記事