入社後のフォローが早期退職を防ぐ!辞められない会社づくりのコツ

入社後のフォローが早期退職を防ぐ!辞められない会社づくりのコツ

採用活動は、入社してもらうことがゴールだけなく、入社後に活躍してもらうことがゴールです。
だからこそ入社後すぐに辞められてしまうのは、かなりの痛手ですよね。
早期退職を防ぐためには、入社者のフォローや辞められない環境づくりが重要になります。
この記事では、人事がするべき辞められない会社づくりのコツを紹介していきます。

早期退職が起きてしまう原因

そもそも、なぜ入社者の早期退職が発生してしまうのでしょうか。
その原因は、入社者が「入社前と入社後のギャップ」を感じてしまうことにあります。
まずはその原因を解説していきます。

仕事内容や配属の認識が合わなかった

入社者がやりたいと思っていた仕事と現実にギャップがあると、
やりがいを感じられずに早期退職に繋がってしまいます。
イメージしていた仕事内容と現実が違っていた、希望していた部署に配属されなかった、
などが理由としてよく上がります。
原因としては、選考時や入社前の面接で人事が正しい情報を伝えていなかったり、
社内都合で勝手に配属を変えてしまうことなどがあるようです。

条件面が合わなかった

仕事内容と同じくらいの割合で、
収入面などで条件が合わないことが早期退職に繋がってしまうこともあります。
もちろん、条件面は入社前に決まっていることが多いです。
しかし、実際の労働環境と収入面でのバランスが悪いと感じてしまうと、
すぐに転職を考えてしまうようです。

組織や風土が合わなかった

一緒に働く仲間や社風は、入社してみないとわからないこともありますよね。
しかし、あまりにもイメージとのギャップがあると早期退職につながりやすくなってしまいます。
具体的には、一緒に働く仲間の熱量が低い、精神論が多い、ワークライフバランスを無視したブラックな風土があった、年功序列の風土が根強く残っていた、などがよく上がる理由です。

新入社員へのフォローがなく、馴染めない

新しい環境は、誰しも不安なもの。特に、転職に慣れていない人が入社する場合は、
ある程度のフォローが必要です。
しかし、企業側の受け入れ体制があまり整っておらず、
入社してもそのまま放置してしまったという例もあるのが実情。
新入社員が馴染めないと、早期退職につながってしまいます。

早期退職を防ぐための方法とは

早期退職は、コストや時間をかけて採用を行なった企業にとっては
かなりの負担になってしまいますよね。
また、入社者側も再度転職活動を始めなければならないため、入社者にとっても負担です。
誰も幸せにならない早期退職。
多くの場合、企業側の対策である程度防ぐことできるので、
ミスマッチを防ぐための対策を紹介していきます。

採用時のトーク見直し

採用選考時、企業や仕事の良いところばかりを伝えていませんか。
それを信じて入社した人は、「聞いていた話と違う」と感じ、
早期退職に繋がりやすくなってしまうのです。
「入ってもらいたい」と企業の人事が思うが故に、起きてしまうこと。
採用活動では、良いところだけではなく、会社や職場の現状や課題も正しく伝えることが重要です。

会社の風土やカルチャーを正しく伝える

ワークライフバランスを重視している候補者もいれば、キャリア重視で頑張りたい候補者もいます。
候補者が希望する働き方ができるのかどうか、会社がよしとする働き方やスタンスとマッチしているのか、企業と候補者が双方で判断することが必要です。

選考項目に「カルチャーフィット」などの項目を設け、自社に合うのかを判断するのが良いでしょう。
また、候補者にもそのことを素直に伝えることで、マッチしている場合は意向を上げることもできます。
逆に、マッチしていない場合はあまりお勧めしないことを伝えることができます。

受け入れ体制を整える

新しい会社に入ることは、新入社員にとって大きなストレスです。
新しく人間関係を築いたり、会社のルールを学んだりと気が張ってしまうものですよね。

彼らが少しでも早く会社に馴染めるよう、研修や受け入れ体制を整えるのがポイントです。
例えば、入社日から3日間ほどのオリエンテーションを設け、
事業や部署紹介、必要な設定などをレクチャーする企業もあります。
また、バディ制を設けて、新入社員と既存社員がペアになり、
慣れるまでサポートしているという企業もあります。

人事がフォロー面談を定期的に行うことで、
現場の人間には話しづらい不安や不満も、気づくきっかけになるでしょう。

まとめ

早期退職を防ぐ方法について紹介しました。
早期退職は、採用コストに見合わないため人事にとっては痛手ですよね。
入社後のギャップなどは、ある程度の準備で企業側が防げるものです。
双方が幸せになれない早期退職を防止するためにも、
これまでの採用や受け入れ体制を見直してみてください。

人事のお悩みカテゴリの最新記事