オンライン面接とは?メリットデメリットを紹介

オンライン面接とは?メリットデメリットを紹介

インターネットを活用して採用の間口を広げたり、
時間やコストを軽減して採用活動の効率化が期待できる「オンライン面接」は、
企業側だけでなく応募者側にもメリットがあり導入が広がっています。
今回は、話題の「オンライン面接」をご紹介します。

オンライン面接とは?

「オンライン面接」とは、パソコンやスマートフォンなどを使って、
インターネットのテレビ電話機能を利用しオンラインで面接を行う採用手法です。

日本では2010年頃から導入が始まり、
スマートフォンの普及や「Skype」などを使ったインターネット会議の定着により、
大手企業を中心に徐々に活用が進んでいます。

オンライン面接のメリット

「オンライン面接」には、企業側と応募者側の双方にメリットがあります。
具体的にどのようなメリットがあるかまとめてみました。

企業側のメリット

遠隔地、または海外など広い範囲の応募者とコミュニケーションが可能となることから、
採用の間口を拡大することができます。

加えて面接会場の準備や、
面接官のスケジュールの確保など人事担当者の負担を軽減することができます。

また、面接時の動画を保存しておくことによって、後から見直して検討したり、
他の面接官や採用責任者と情報を共有ができ、
面接官のスキル向上や採用ノウハウの資料として利用も可能です。

応募者側のメリット

面接会場への移動に伴う時間や交通費、場合によっては宿泊費などの費用を節約することができます。
また、自宅など慣れた場所で面接を受けることができるので、
面接の際のプレッシャーが少なくなり面接に集中することができます。

このように「オンライン面接」は、
企業側と応募者側の双方にとって時間と費用の負担が少なくなることから、
対面面接に比べると面接の回数を増すことができ採用のミスマッチを防げます。

特に企業として最大のメリットは、
時間と費用、採用活動の効率化によるコスト削減効果が期待できることです。

オンライン面接のデメリット

企業と応募者の双方にメリットがある「オンライン面接」ですが、
メリットだけでなくデメリットや注意点もあります。
企業は、想定されるデメリットを十分に理解することで最小限に抑えることが可能です。

企業側のデメリット

「オンライン面接」は、対面での面接に比べると
応募者の表情や細かな反応などがつかみにくくなります。
企業は、そのことを理解したうえで面接での質問の内容を工夫する、
応募者とのコミュニケーションがスムーズにおこなわれるような面接の進行を検討する、
など対応が必要となります。

また「オンライン面接」では、
面接中に通信が途切れるなど通信回線や通信機器のトラブルが発生する可能性もあります。
トラブルを完全に避けることは難しいですが、
あらかじめ発生する可能性のあるトラブルを想定して、
発生した際の対応策を考えておく必要があります。

応募者との面接のスケジュール管理などをシステム内で一元管理できる機能などを求める場合、
有料のツールを利用する必要があります。
より効率的にオンライン面接を取り入れたい場合は、コストの面も念頭に置くべきでしょう。

応募者のモラルによっては、動画が流出するなど情報漏洩のリスクが考えられます。
面接官は、面接時の態度や質問の内容に十分な注意が必要です。

応募者側のデメリット

応募者は、企業側が指定する方法に対応するため、
パソコンやスマートフォンにアプリケーションをインストールする必要があります。
ほとんどのアプリケーションはスマートフォンで対応が可能ですが、
場合によっては新たに通信機器を用意する必要があります。

アプリケーションをスムーズにインストールするには、
その方法や設定について知識や経験が必要です。
またインストール際に、通信環境によってはかなり時間がかかることもあります。

また、自宅でも面接を受けることが可能な「オンライン面接」ですが、
他から音が入らないか、落ち着いて静かに話せる場かを考えて周りの環境に配慮する必要があります。

導入の際の注意点と導入事例

導入の際の注意点

企業が「オンライン面接」を導入する際には、下記の点に注意します。

WEBカメラは、意外に広い範囲が映像に映り込みます。
また周囲の雑音や会話なども応募者に聞こえる可能性があるので、
面接を行う場所は、音など周りの環境から影響を受けないような会議室などを
使用するとよいでしょう。

「オンライン面接」は、対面面接に比べ気軽に行えることからフランクになりがちです。
面接官は、対面面接と同様に面接に相応しい態度や服装に十分気を付けます。

募集する職種によって「オンライン面接」が有効な職種と導入する際に工夫が必要な職種があります。
大量に採用したい職種や、
顧客対応があまり重視されないエンジニアなどの職種には有効な採用手法として考えられています。

一方、対面での面接に比べると応募者の表情や質問に対する細かな反応などがつかみにくいことから、
営業職などコミュニケーション能力が重視される職種の面接に導入の際には工夫が必要となります。

導入事例

ファーストリテイリングやソニーミュージックなど大手企業では、
応募者が企業の指定する方法によって動画を提出する
「セルフ面接」や「バーチャル面接」が行われています。
企業と応募者双方が同じ時間に対応する必要がないためスケジュール調整しやすく、
今後導入する企業が増えることが予想されます。

「オンライン面接」を導入して採用活動を効率化

「オンライン面接」は、時間と費用、採用活動の効率化による
コスト削減効果が期待できる採用手法です。

採用したいポジションや選考基準、候補者の状況に合わせて取り入れてみたり、
選考フローの中でも、一次面接はオンライン面接、最終面接は対面面接など
使い分けて導入したりすると採用効率がアップできるでしょう。

応募を集めて、選考・面接を行うカテゴリの最新記事